ミャンマーのMPTが直営店舗をヤンゴン中央郵便局内にオープン!SIMカード販売などを行う

スポンサーリンク

KDDI&住友商事およびミャンマーの通信事業者であるMPTは、2014年11月14日よりヤンゴン市内のヤンゴン中央郵便局内に直営店舗をオープンしたことを発表。MPTが直営店舗を展開するのは同店が初となる。直営店舗ではプリペイドSIMカードおよびトップアップカードなどを販売を行う。

■MPTのプリペイドSIMカード(2014年10月購入)
MPTのプリペイドSIMカード

KDDIのプレスリリースは以下より。

ミャンマー MPT職員がお客さまをおもてなしするMPT直営店舗 第一号店をヤンゴン中央郵便局内にオープン | 2014年 | KDDI株式会社

ヤンゴン中央郵便局の住所は『Corner of Bo Aung Kyaw Street and Strand Road』とされており、ヤンゴン市内の南部。

Google Mapsでは以下のあたり。

ミャンマーのMPTでは、2014年9月1日から一般の店舗にてSIMカードの販売を開始、同月内に100万枚以上のSIMカード販売を行うなど、ミャンマーでの携帯電話利用者を急速に拡大している。

ミャンマーでは携帯電話普及率が2013年末時点で10%に止まるなど、近隣諸国と比べると携帯電話普及率が低いとされているけれど、2014年10月のヤンゴン市内訪問では携帯電話普及率がそれほど低いことは実感できず、ヤンゴン市内ではローカルの人々が積極的にスマートフォンを使っていたのが印象的だった。

一方、モバイルでのデータ通信の品質に関しては『使い物にならない』というのが正直な印象で、この点については今後の各社の競争による改善に期待したいところ。

MPTでは、2014年11月6日にヤンゴンおよびネピドーにおける3Gネットワークのキャパシティ強化を行い、強化前と比べて最大で50%ほどキャパシティの増強を行ったことを発表している。

MPT Myanmar | MPT increased network capacity in Yangon and Nay Pyi Taw to provide better connectivity

On November 6th, MPT has started its network improvement plan by expanding capacity of congested 3G sites in Yangon and Nay Pyi Taw. Capacity of those sites is now about 50% higher than before November 6th.

同発表の中で、MPTは2015年3月末までに3Gの基地局数を2倍、ヤンゴンでは3倍のキャパシティに拡大予定としており、今後のネットワーク環境の改善が期待できそう。

MPT will further increase capacity and coverage in nationwide: as a first phase of the project, by the end of March 2015, the number of 3G sites will be doubled. Especially in Yangon area, total 3G network capacity will be almost tripled.