GALAXY Note Edgeを台湾モバイルのLTE対応プリペイドSIMで使う – テザリング利用や700MHz帯(Band 28)接続も可能

スポンサーリンク

SIMロックを解除したドコモのGALAXY Note Edgeを、台灣大哥大(台湾モバイル)の4G LTE対応プリペイドSIMで使い、LTE接続中のテザリング利用や台湾モバイルがメインで展開している700MHz帯(Band 28)への接続が可能なことが確認できた。

■SIMロック解除したGALAXY Note Edgeを台湾モバイルの4G LTE対応SIMカードで使う
SIMロック解除したGALAXY Note Edgeを台湾モバイルのプリペイドSIMでLTE接続

台湾モバイルの4G LTE対応プリペイドSIMは、以前に購入したSIMカードの利用期間が残っており引き続き利用可能であったため、新規でSIMカード購入を行わずに既存のSIMカードでインターネット接続プランに登録して利用。

既に4G LTE対応のプリペイドSIMカードを所持している場合は、データ通信量1.2GB(有効期間30日)のプランが180台湾ドル(約600円)で利用可能で、今回はこのプランへの登録を台湾モバイルのショップにて行って貰った。
関連エントリ:台灣大哥大の4G LTE対応プリペイドSIMカードの料金プランまとめ | shimajiro@mobiler

台湾モバイルのプリペイドSIMに設定したAPNなどの内容は以下。

APN:internet
ユーザ名:なし
パスワード:なし

台湾モバイル + GALAXY Note Edgeの組み合わせでは、VoLTEをオフにしないと4G LTEに接続できない。という情報が既にケータイWatchに掲載されていたので、この情報に従ってVoLTEをオフに設定して端末を再起動してみると、4G LTEに接続することができた。
※ちなみに、SIMロックを解除したXperia Z2(SO-03F)でも同様だったので、ドコモのVoLTE対応端末で台湾モバイルの4G LTEに接続する場合はVoLTEオフが必要となる模様。

SIMロック解除した「GALAXY Note Edge」を700MHz帯のLTEに接続 – ケータイ Watch

確かに、台湾ではまだVoLTEが始まっていない。そこにVoLTE対応端末を持ち込んで、設定がオンのままネットワークにつなごうとすれば、何らかのトラブルが起こっても不思議ではない。そこで、音声通話の設定から、VoLTEをオフにして、再起動をかけたところ、アンテナピクトが変化、あっけなくLTEにつながった。LTEにつながったあとは、なぜかテザリングも利用できた。

GALAXY Note EdgeのVoLTEに関する設定は、

設定 > アプリケーション設定 > 通話 > 通話モード設定

より設定変更を行う。VoLTEのオン/オフについては普段あまり変更する内容では無いけれど、SIMロックを解除したドコモ端末を海外で利用する場合『VoLTEをオフにするとLTEに繫がる』ことがある。というのは覚えておくと良さそう。
※なお、ドコモのVoLTE対応端末は必ずVoLTEをオフにしないと4G LTEに接続できない。ということではなく、設定変更が必要かどうかは接続するキャリア次第。

■VoLTE設定をOFFに設定
VoLTEをOFFに設定

また、ドコモのスマートフォンをSIMロック解除して海外のSIMカードで利用する際、機種によってはテザリングが利用できない機種があるけれど、GALAXY Note Edge(SC-01G) + 台湾モバイルのプリペイドSIM(4G LTE対応)で4G LTE接続時は問題なくテザリングを利用することができた。
※台湾モバイルで使用時、3G接続時はテザリングができない可能性あり。

■テザリングも利用可能だった
テザリングも利用可能

ただし、SIMロックを解除したサムスン端末 + 海外のプリペイドSIMカードの組み合わせでは、SIMロック解除したGALAXY S4(SC-04E)で利用可能だった『ドコモのSIMカード以外でのテザリング』が、ソフトウェアアップデートによって利用できなくなったなどの例があり、GALAXY Note Edge(SC-01G) + 海外SIMでのテザリングについても同様に、今後のソフトウェア更新などで利用できなくなる懸念があるのは心配なところ。

加えて、GALAXY Note Edge + 中華電信のプリペイドSIMの組み合わせでは、テザリングを利用するとインターネット接続が切断されてしまったため『GALAXY Note Edgeは海外SIMでテザリングが利用可能』という仕様とは言い切れず、このあたりはもう少し別のキャリアなどでも挙動を確認予定。

■スピードテストでは上下共に20Mbps超え
スピードテストでは上下共に20Mbps超え

台中市内にて行ったスピードテスト結果は、上下共に20Mbpsを超えており必要十分。
今回は台中市内および台中空港までの移動中にデータ通信を利用していたけれど、一度もLTEから3Gに切り替わることがなく、台中に滞在中はずっと台湾モバイルのLTEが利用可能だった。

このあたりは、台湾モバイルがメインの周波数として展開している700MHz帯(Band 28)が、より高い帯域の周波数帯と比べて面的な意味でエリアを広げやすい周波数帯となっていることも大きいと予想。ただし、同周波数帯に対応する端末は、国内向けにはSIMフリーのiPhone 6/iPhone 6 PlusのほかにはGALAXY Note Edge、ARROWS NX F-02Gなど、選択肢が豊富とは言えない。

ただしドコモでは、700MHz帯に対応するLTEサービスを2014年度内に提供開始予定となっているので、対応機種については今後の拡大に期待したい。あるいは、台湾向けに販売されているZenFone 5や、モバイルWi-Fiルータなどの機種を購入して現地で使う。というのもありかも。

台湾版のZenFone 5 LTE対応モデルはExpansysにて26,000円程度で販売されている。
※価格は11月27日現在

ZenFone 5 LTE(A500KL)の検索結果 – Expansys

台湾モバイルのLTEに対応するモバイルWi-Fiルータの購入については以下エントリにて。
台湾モバイルのLTEに対応するモバイルWi-Fiルータ『MF910』を購入 | shimajiro@mobiler