ドコモ、LTE国際ローミングにシンガポール、オーストラリアなど5か国を追加/既存の対応国での事業者追加も

NTTドコモは、LTE国際ローミングの対応エリアにシンガポール、オーストラリアなど5か国を12月5日(金)より追加するほか、既にLTE国際ローミングに対応しているエリアでも、対応事業者が一部追加することを発表。今回の追加によってドコモのLTE国際ローミング(ローミングアウト)は32の国と地域に対応する。

LTE国際ローミングサービス | サービス・機能 | NTTドコモ

新しくLTE国際ローミングに対応するエリアは以下。

12月5日からのLTE国際ローミング対応エリア&事業者

国・地域 事業者
シンガポール StarHub
オーストラリア Telstra
ニュージーランド Vodafone
スロベニア Si.mobil
ルーマニア Vodafone

既存のLTE国際ローミング対応エリアにて追加となる事業者は以下。

既存のLTE国際ローミング対応エリアでの対応事業者追加

国・地域 事業者
香港 SmarTone
イタリア
サンマリノ
バチカン
Vodafone

ドコモのローミングサービスは日本時間での1日を基準にした『海外パケ・ホーダイ』のほか、申込から24時間定額で使える『海外1dayパケ』が提供されており、通信量がそれほど多くない用途については海外1dayパケの利用もオススメ。

海外1dayパケ | サービス・機能 | NTTドコモ