マレーシアのローミングが980円/24時間になる『海外1Dayパケ』を使用してみた

スポンサーリンク

ドコモの提供する『海外1Dayパケ』でLTE国際ローミングをマレーシアで利用してみた。

『海外1Dayパケ』は、申込から24時間国際ローミングが利用可能になるサービスで、利用料金は国別に異なり、マレーシアでは最も安い980円/24時間で利用が可能。海外1Dayパケの通信量は30MB/24時間までと制限されているものの、LTE国際ローミング対応エリア内であれば、LTE国際ローミングも利用可能となっている。

■マレーシアで『海外1Dayパケ』を利用/LTE国際ローミングも利用可
マレーシアで『海外1Dayパケ』を利用/LTE国際ローミングも利用可
※マレーシア(クアラルンプール)と日本には1時間の時差があるものの、正確にそれが反映されていなかった。理由は不明。

当初は、LTE国際ローミングに対応したモバイルWi-Fiルータ『L-02F』での利用を考えたのだけれど、L-02Fは対応する周波数の関係から、滞在したKLIA2ではLTEを掴まなかったので、海外版のGALAXY Note 3(N9005)を使用。

ドコモの国際ローミングサービスは、ドコモ端末に限らず、SIMフリー端末でもドコモ端末利用時と同じ料金が適用されることは過去にも経験済みではあるけれど、ドコモ端末以外での利用については自己責任になるのでご注意を。

■L-02FではLTEを検出せず
L-02FではLTEを検出しなかった

海外1Dayパケの利用開始方法は、海外1Dayパケを申し込んだドコモ回線のSIMカードを入れた端末から『*135*1#』に発信することで申込が受付される。(このほか『海外1Dayパケ開始』アプリを使った利用開始も可能)

■*135*1#に発信すると海外1Dayパケの利用が開始される
*135*1#に発信する

■海外1Dayパケが利用可能に
海外1Dayパケが利用可能に

■スピードテスト結果は下り10Mbps超え
スピードテスト結果は下り10Mbps超え

海外1Dayパケは、定額料が従来の『海外パケ・ホーダイ』と比較して安く抑えられている一方で、利用可能な通信量が30MB/24時間(以降は16kbpsに通信速度を制限)と制限されており、大量のデータ通信を利用するのには向かない。それでも、『現地でプリペイドSIMカードを入手するまでの通信手段』として利用や、通信量が多くない用途での利用には適しているのでオススメかなと(^ ^;

…ちなみに、この時クアラルンプールでは通信量が30MBを超えても、すぐに速度制限の対象とはならず、最終的には300MBぐらい、高速通信を利用することができた。同日中にインドネシアへ移動したので、インドネシアでも試してみたところ、インドネシアでは通信速度が低速になったので、もしかしたら速度規制がかかるまでに時間がかかるケースもあるのかも。。。