ソフトバンクのSIMロック解除対応「180日以内は解除不可」は横並び、白ロム持込は対応不可

スポンサーリンク

ソフトバンクモバイルは「SIMロック解除に関するガイドライン」の改正に伴い、2015年5月29日発売の「Galaxy S6 edge」以降、”SoftBank”の製品は原則全ての製品でSIMロック解除に対応することを発表。

SIMロック解除の対応となる製品は、2015年5月29日に発売される「Galaxy S6 edge」が第一弾となり、タブレットやWi-FiルータなどもSIMロック解除の対応となる予定。

ソフトバンクモバイルのプレスリリースは以下より。

ガイドライン改正に伴うSIMロック解除への対応について – ソフトバンク(PDF)

2.条件
・製品の購入日から180日経過していること
・解約済み製品は、解約日から90日以内であること

SIMロック解除の受付条件は、端末の購入日から180日が経過していることのほか、解約済みの製品の場合は解約日から90日以内であることとなっている。「解約済み製品」に関しては、いわゆる「白ロム」として流通している端末を端末の契約者以外がSIMロック解除することは不可能。

ソフトバンクモバイルの携帯電話を他社で利用する / SIMロック解除 | SIMロック解除、他社製品でのソフトバンクモバイルのご利用について確認する | お客さまサポート | モバイル | ソフトバンク

解約済み製品のSIMロック解除のお手続き可能期間は、解約後90日以内となります。また、解約済み製品のSIMロック解除のお手続きは、契約されていたご本人さま限り可能です。

SIMロック解除の手数料は、インターネット経由であれば手数料無料、ソフトバンクショップなどでの受付は事務手数料3,000円に設定されており、インターネット経由であれば無料、店舗では有料という料金設定は、既にSIMロック解除に関する詳細を発表しているドコモおよびKDDIと同様。