中華電信、4G LTE容量無制限のプリペイドSIMカードを空港限定で販売開始!5日間300台湾ドルなど

台湾の中華電信は、2015年6月2日より4G LTEに対応するデータ通信量無制限のプリペイドSIMカードを各空港限定で販売開始。台北の空の玄関となる桃園、松山空港だけでなく、台中、高雄空港の中華電信のカウンターでも4G LTE容量無制限プランを購入することが可能となった。4G LTE対応プリペイドSIMの販売価格は、3日間データ通信使い放題で300台湾ドル(約1,200円)など。

中華電信のプリペイドSIMで4G LTE対応のものについては市内の中華電信のショップなどで購入可能となっているけれど、容量無制限プランは各空港限定での販売となる

■台北 松山空港の中華電信カウンター(営業時間は07:00 〜 23:00)
台北 松山空港の中華電信カウンター

松山空港の中華電信カウンターには、空港カウンターで購入可能な4G LTE対応プリペイドSIMの料金一覧も掲載されており、希望の日数を告げるだけでカンタンに4G LTE対応プリペイドSIMカードを購入することができる。(SIMカードはあるのに、無制限プランが無いから売ってくれない。というような心配は不要。)なお、プリペイドSIMカードの購入にあたってはパスポートなどの身分証の提示が必要。

■中華電信の4G LTE対応プリペイドSIM パッケージ
中華電信の4G LTE対応プリペイドSIMパッケージ
パッケージ(背面)

中華電信のプリペイドSIMは、標準サイズ/microSIM/nanoSIMの3つのサイズに対応したタイプなので、いずれのサイズの電話機にも対応している。

4G LTE対応のプリペイドSIMカードは、新規の発行(新しい番号での発行)のほか、既に中華電信の3GのプリペイドSIMカードを持っている場合は、電話番号&残高をそのままに4G LTEに移行することも可能とのこと。(実際には試していないけれど、スタッフの説明によると)

■空港カウンターで購入可能なプラン
料金プラン

■空港カウンターで購入可能なプラン(パッケージ記載)
空港カウンターで購入可能なプラン

中華電信:4G LTE対応プリペイドSIM プラン一覧

プラン 料金 データ通信 音声通話
A 300台湾ドル 3日間使い放題 100台湾ドル
B 300台湾ドル 5日間使い放題 50台湾ドル
C 500台湾ドル 5日間使い放題 300台湾ドル
D 500台湾ドル 7日間使い放題 150台湾ドル
E 500台湾ドル 10日間使い放題 100台湾ドル
F 700台湾ドル 15日間使い放題 100台湾ドル
G 800台湾ドル 15日間使い放題 250台湾ドル
H 1,000台湾ドル 30日間使い放題 430台湾ドル

中華電信の4G LTEは、900MHz帯(Band 8)と1800MHz帯(Band 3)で提供されており、このうち1800MHz帯については、下り最大150Mbps対応のドコモの機種であれば基本的に利用可能。

中華電信の4G LTE対応のプリペイドSIMカードの容量無制限が嬉しいのは、桃園空港だけでなく松山空港、台中空港、高雄空港などの各空港で購入が可能という点。これらの空港の中には、中華電信しか空港にカウンターが無いケースもあるので、そういった空港でも4G LTEの容量無制限SIMが購入可能となるは嬉しいところ。

加えて、4G LTEの容量無制限SIMカードの提供では先行した「台灣大哥大」(台湾モバイル)よりも料金が割安となっている点も嬉しい。(特に、期間が長くなるほど中華電信の方が割安となる)

■台灣大哥大の容量無制限プラン(参考)
台灣大哥大の4G LTE容量無制限プラン
参考:台北の空港、市内で買えるプリペイドSIMカードまとめ – 2015年5月版 | shimajiro@mobiler

コメント

  1. chen より:

    1ヶ月前に空港で4Gの30日無制限プランを購入しました。
    再申し込みしたいのですがコンビニでリチャージして、電話もしくはネットなどで申し込むことは可能なのでしょうか?

  2. しょっしよ より:

    9/20に高雄国際機場で中華電信4GLTEのプリペイド3日用を購入しましたが8/31以降も変わらずNT$300でした。
    カウンターのお姉さんもいつまてこの価格なのかは分からないとの事でしたが、一応ご報告までに。

  3. lch より:

    質問です。
    中華電信で30日4G無制限を買った場合、その後の月からも同じプランで使えるのでしょうか???

  4. 台湾LOVE より:

    毎度楽しく拝見しております。

    SIMフリー機を1台用意してこのSIMカードをさせば、日本のキャリア版iPhoneでも通信制限がかかることなく、ネットが可能ということですが、何台までテザリングが出来るのでしょうか?

    • shimajiro より:

      >何台までテザリングが出来るのでしょうか?
      テザリングにより接続可能な端末の台数は利用する機種によって異なります。利用する予定の機種のスペックなどでご確認ください。

  5. erika より:

    台湾出張に5日間でかけます。台北・台南を中心に出張します。社員5名でSIMフリーの「freetel SIM フリースマートフォンpriori2 LTE」を日本で購入し、松山空港で中華電信のmicroSIMを購入しようと考えてます。
    SIMフリースマホは社員同士の連絡に使用する予定で、個人の携帯(私はauのiphone5c)を機内モードにしたたまま、SIMフリースマホからテザリングをして、個人のiphoneで日本とLINEをしようと思ってます。
    このような方法でテザリングをしても、LTE使い放題のSIMカードを購入していれば、通信制限がかかることはないですか?また、5名で9月27日から台湾に行くのですが、LTEのSIMカードを事前に中華電信に予約することはできないのでしょうか。また予約が不可能だったとして、当日そのSIMカードが売り切れで購入できないということはありますか?宜しくお願いします。

    • shimajiro より:

      >このような方法でテザリングをしても、LTE使い放題のSIMカードを購入していれば、通信制限がかかることはないですか?

      はい。今のところ台湾のプリペイドSIM向けに通信制限は行われていませんので、通信制限がかかることはありません。

      >また、5名で9月27日から台湾に行くのですが、LTEのSIMカードを事前に中華電信に予約することはできないのでしょうか。

      予約は不可です。

      >当日そのSIMカードが売り切れで購入できないということはありますか?宜しくお願いします。

      可能性はゼロではないですが、これまでに「売り切れで買えなかった」という話を聞いたことはありません。

  6. 匿名 より:

    SIMフリー端末だけが使えるんですよね?

  7. Kazuhiro より:

    突然すみません。
    中華電信の無制限LTEは、桃園空港の中華電信カウンターすべてで購入可能でしょうか?一部のカウンターでしか販売していないとか、空港内では販売していないなどの情報もあり、どこに行けば購入可能なのか悩んでいます。どうぞよろしくお願いします。

    • shimajiro より:

      >桃園空港の中華電信カウンターすべてで購入可能でしょうか?
      「桃園空港の中華電信カウンター全て」かは未確認ですが、第1・第2ターミナル共に中華電信/台湾モバイル/遠傳電信が並ぶカウンターでは販売を確認しています。(桃園空港には、他にも中華電信のカウンターがありますが、おそらくこれらのカウンターでも購入は可能と思います)

    • Kazuhiro より:

      ご回答いただきありがとうございます。お陰様でモヤモヤが解消いたしました。ありがとうござました。

  8. wat より:

    6/5に高雄空港で購入auのiPad miniratinaで使用中
    高尾しないで結構な範囲でLTEが利用できます
    いまは新幹線駅前地区
    RBBTODAYのテストでDOWN 10ー15 up 25-35 昨日はダウンで50出たこともあったので結構使えると思います

  9. shu より:

     アドバイスありがとうございました。台中、台南、高雄等の場合は、中華電信の方が有利でしょうか。いつもお聞きしてばかりですみません。

    • shimajiro より:

      すみません。台北以外で中華電信LTEを使ったことがないので何とも…です。
      ただ、それらの都市でも台灣大哥大の4G LTEはかなりエリアが広く快適でした。参考になれば。

      • shu より:

         現時点では、費用的に中華電信が魅力的ですので、TaiwnMobileが価格改定しない場合は、使ってみようと思います。夏に台湾に行く予定ですので、使用感をお伝えいたします。

        • shimajiro より:

          まだ利用開始から数日程度ですが、台北市内で使う限りは中華電信よりも台灣大哥大の方が全体的に快適に使えています。
          中華電信は、人が集中するエリア(ラッシュ時地下鉄駅)などでデータ通信が切断されたり、通信が非常に遅くなることがありましたが、
          台灣大哥大では同様の現象は発生しておらず、台北市内では台灣大哥大の方が快適かと思います。ご参考まで。

        • shu より:

           アドバイスありがとうございました。

  10. shu より:

     いつも有益な情報ありがとうございます。 
     先日プリペイドLTEとdocomoのGalaxyNote3の組み合わせで使えるかお聞きした者です。shimajiroさんのお考えでは、上記組み合わせの場合、TaiwanMobileと中華電信では、中華電信に分があると思われますか。

    • shimajiro より:

      ドコモのGALAXY Note 3が対応しているB3のLTEだけで考えると、
      中華電信の方が所有している帯域幅が多くなっているため、中華電信の方が有利であるように思います。

      中華電信:LTE 1800MHz帯(15MHz幅)
      台灣大哥大:LTE 1800MHz帯(10MHz幅)

      が、、、台灣大哥大のLTE B3エリアも台北市内ではかなり広くなっている点と、ユーザは中華電信の方が多い点を考慮すると、どちらも大きくは変わらないのでは…とも思います。あいまいですみませんが。