中華電信、4G LTE容量無制限のプリペイドSIMカードを空港限定で販売開始!5日間300台湾ドルなど

スポンサーリンク

台湾の中華電信は、2015年6月2日より4G LTEに対応するデータ通信量無制限のプリペイドSIMカードを各空港限定で販売開始。台北の空の玄関となる桃園、松山空港だけでなく、台中、高雄空港の中華電信のカウンターでも4G LTE容量無制限プランを購入することが可能となった。4G LTE対応プリペイドSIMの販売価格は、3日間データ通信使い放題で300台湾ドル(約1,200円)など。

中華電信のプリペイドSIMで4G LTE対応のものについては市内の中華電信のショップなどで購入可能となっているけれど、容量無制限プランは各空港限定での販売となる

■台北 松山空港の中華電信カウンター(営業時間は07:00 〜 23:00)
台北 松山空港の中華電信カウンター

松山空港の中華電信カウンターには、空港カウンターで購入可能な4G LTE対応プリペイドSIMの料金一覧も掲載されており、希望の日数を告げるだけでカンタンに4G LTE対応プリペイドSIMカードを購入することができる。(SIMカードはあるのに、無制限プランが無いから売ってくれない。というような心配は不要。)なお、プリペイドSIMカードの購入にあたってはパスポートなどの身分証の提示が必要。

■中華電信の4G LTE対応プリペイドSIM パッケージ
中華電信の4G LTE対応プリペイドSIMパッケージ
パッケージ(背面)

中華電信のプリペイドSIMは、標準サイズ/microSIM/nanoSIMの3つのサイズに対応したタイプなので、いずれのサイズの電話機にも対応している。

4G LTE対応のプリペイドSIMカードは、新規の発行(新しい番号での発行)のほか、既に中華電信の3GのプリペイドSIMカードを持っている場合は、電話番号&残高をそのままに4G LTEに移行することも可能とのこと。(実際には試していないけれど、スタッフの説明によると)

■空港カウンターで購入可能なプラン
料金プラン

■空港カウンターで購入可能なプラン(パッケージ記載)
空港カウンターで購入可能なプラン

中華電信:4G LTE対応プリペイドSIM プラン一覧

プラン 料金 データ通信 音声通話
A 300台湾ドル 3日間使い放題 100台湾ドル
B 300台湾ドル 5日間使い放題 50台湾ドル
C 500台湾ドル 5日間使い放題 300台湾ドル
D 500台湾ドル 7日間使い放題 150台湾ドル
E 500台湾ドル 10日間使い放題 100台湾ドル
F 700台湾ドル 15日間使い放題 100台湾ドル
G 800台湾ドル 15日間使い放題 250台湾ドル
H 1,000台湾ドル 30日間使い放題 430台湾ドル

中華電信の4G LTEは、900MHz帯(Band 8)と1800MHz帯(Band 3)で提供されており、このうち1800MHz帯については、下り最大150Mbps対応のドコモの機種であれば基本的に利用可能。

中華電信の4G LTE対応のプリペイドSIMカードの容量無制限が嬉しいのは、桃園空港だけでなく松山空港、台中空港、高雄空港などの各空港で購入が可能という点。これらの空港の中には、中華電信しか空港にカウンターが無いケースもあるので、そういった空港でも4G LTEの容量無制限SIMが購入可能となるは嬉しいところ。

加えて、4G LTEの容量無制限SIMカードの提供では先行した「台灣大哥大」(台湾モバイル)よりも料金が割安となっている点も嬉しい。(特に、期間が長くなるほど中華電信の方が割安となる)

■台灣大哥大の容量無制限プラン(参考)
台灣大哥大の4G LTE容量無制限プラン
参考:台北の空港、市内で買えるプリペイドSIMカードまとめ – 2015年5月版 | shimajiro@mobiler