2015年上半期の訪日外国人数は914万人 – 中国は2倍以上増の217万人に

スポンサーリンク

政府観光局は、2015年6月の訪日外国人数を発表。2015年6月単月の訪日外国人数は約160万人で、2015年上半期(1月 〜 6月)の合計は913万人、前年同期比で+46.0%と大幅な伸びを記録している。

政府観光局の発表する訪日外国人数は以下より。

訪日外客数(2015年 6月推計値及び上半期推計値) – PDF

■2015年上半期 – 国別の上位5か国
1位:中国 217万人(+116.3%)
2位:韓国 181万人(+42.6%)
3位:台湾 179万人(+28.9%)
4位:香港 69万人(+64%)
5位:米国 50万人(+13.6%)
※()内は前年上半期比での伸び率

■2015年上半期 – 前年同期比の伸び率上位5か国
1位:中国 +116.3% (217万人)
2位:香港 +64.2% (69万人)
3位:ベトナム +58.3% (9.4万人)
4位:フィリピン +50.8% (13.8万人)
5位:韓国 +42.6% (181万人)

国別の訪問者数だけでなく、伸び率のランキングでも中国が1位となっており、中国からの訪日外国人数が急激に増加していることがわかる。また、ビザ免除(緩和)の影響でベトナム、フィリピンからの訪日外国人数も前年上半期比で50%以上伸びている。

政府は2020年までに「年間の訪日外国人数2,000万人」を目標としているものの、このペースで訪日外国人が増加した場合、早ければ2015年に、遅くとも2016年には訪日外国人数が2,000万人を突破する勢い。