データ通信&音声通話が7日間無制限!香港の無料SIMカード「i-Sim」を使ってみた

香港内での3Gデータ通信&音声通話が無料で使い放題になる「i-Sim」を利用してみた。

i-Simのサービス紹介は以下にて。
Home – i-Sim a Free Sim Card

■香港での3Gデータ通信&音声通話が無料で使い放題になる「i-Sim」
香港の「i-Sim」

i-Simは「広告を表示することでデータ通信&音声通話が無料」となるSIMカード。観光促進を目的として政府機関などが提供しているのではなく、民間企業の提供するサービス。

■i-Sim受取情報
カウンター:香港空港 ターミナル1 到着フロア A08
利用料金:無料
サービス内容:3Gデータ通信&音声通話が使い放題
SIMカードサイズ:標準/micro OR nanoSIM

■i-Simの使い方
(1)香港空港第1ターミナル A08のカウンターでSIMカードを受取する。
(2)「i-Sim」アプリをダウンロード、SIMカードのICC IDを登録する。
(3)「i-Sim」アプリ上で広告を表示してデータ通信&音声通話残高を追加する。
(4)Webサイト閲覧などなどで利用。

i-Simは通常、事前登録を済ませてから空港カウンターで受け取り。とされているものの、経験上は特に予約をしなくてもSIMカードの受け取りが可能。カウンターの営業時間は08:30 〜 00:00。なお、空港カウンターでのSIMカードの受け取りには身分証(パスポートなど)が必要。

■i-Simを受取
i-Simを受取

i-Simはアクティベーションを行わなくても初期状態で50MBほどのデータ通信が利用可能。極端な話をすれば、初期残高だけで十分な場合、i-Simアプリケーションのダウンロードなどは不要ではある。(以降、i-Simの登録&残高追加方法を説明。

続いて、i-Simのアプリケーションをダウンロードする。
ダウンロード用のURLは以下。(または各アプリストアにて)

Download – i-Sim a Free Sim Card

i-Simのログイン&SIMカードの登録方法は以下にて。

■「登入」(ログイン)を選択
「登入」を選択
■サインアップする
サインアップする

サインアップ(ログイン)にはFacebookなどSNSアカウントを利用することも可能なので、手続をカンタンに終わらせたい場合はSNSアカウントを使うと便利。

ユーザ登録(ログイン)が完了すると、i-Simのアプリケーションを使ってデータ通信量を増やす作業が可能となる。

■グリーンのアイコンをタップして広告表示
タップして広告表示
■右上のアニメーションが終了するまで広告表示
右上のアニメーションが終了するまで広告表示

アプリケーション上で確認してみたところ、広告1回の表示で8MB(音声通話8分)分のデータ通信量が増加。i-Simの利用可能なデータ通信量は160MB(以前は150MBだった)に設定されている。データ通信量の残高が少なくなったら広告表示を行うことでデータ通信量は増量可能。このため「データ通信量が必要になったら、i-Simアプリケーション上で広告を表示」ということを繰り返せば、アクティベーションから7日間の有効期間中のデータ通信量・音声通話は無制限となる。

ただし、i-Simのアプリケーション上から広告を表示するためのデータ通信量を残しておかないと、広告表示が行えずデータ通信量を増やすことができなくなる(i-Simアプリから特にデータ通信量の残量アラートなどは無い)ため注意。

【追記】
香港・マカオ・台湾で使える有料版のi-SIMに関しては以下にて。

香港・マカオ・台湾のデータ通信し放題が年額1,500円!香港「i-SIM」の有料サービスを試す | shimajiro@mobiler