【台湾】桃園国際空港での4G LTE対応プリペイドSIM販売状況まとめ

スポンサーリンク

台湾の桃園国際空港で購入できる4G LTE対応プリペイドSIMカードの販売状況まとめ。

台湾:桃園国際空港での4G LTE対応プリペイドSIMの販売状況まとめ

キャリア 第一ターミナル 第二ターミナル
中華電信 ×
台灣大哥大
遠傳電信 ×
亞太電信 ×

※2015年5月5日現在。

第一ターミナルで4G LTE対応プリペイドSIMの販売を確認できたのは、中華電信、台灣大哥大、遠傳電信の3社が並んでいる窓口ではなく、スカイトレインで第二ターミナルへ移動する間にある中華電信のショップにて販売されているのを確認できた。

■桃園国際空港 第一ターミナルのSIMカード売り場:ここでは販売されてなかった
3社のカウンターが並ぶ売り場では販売されていなかった

■中華電信の4G LTE対応プリペイドSIMを販売する中華電信のショップ(桃園空港 第一ターミナル)
桃園国際空港 第一ターミナルの中華電信ショップ

このショップでも「4G LTE対応のプリペイドSIMを売っているか?」と確認すると「4G LTEは容量無制限はない」と説明されたので、基本的には通信量制限の無い3G対応のプリペイドSIMをメインに販売しているものと思う。

スカイトレインに乗って第一ターミナル → 第二ターミナルへと移動すると、最初に通りかかるのが中華電信のカウンター。ここでも4G LTE対応のプリペイドSIMが販売されているか確認したところ「販売なし。街中でないと購入できない」と説明された。(ただし、実際には第一ターミナル側のショップで販売されていた)

■中華電信のカウンター(桃園空港 第二ターミナル)
第二ターミナル出発ロビーの中華電信では4G LTE対応SIMの取扱いなし

第二ターミナルの到着フロアでは、3社のカウンターが並ぶ売り場で遠傳電信の4G LTE対応プリペイドSIMが販売されているのが確認できた。

■桃園国際空港 第二ターミナルのSIM売り場
第二ターミナルのSIM売り場

■遠傳電信の4G LTE対応プリペイドSIM
遠傳電信の4G LTE対応プリペイドSIM

ただ、ここでも店頭にわかりやすく「4G LTE対応SIM 販売中という類いの表示は無く、「4G LTE対応のSIMカードはあるか?」と、店員に確認しないと商品が出てこなかったので注意。

台湾の通信事業者は、中華電信、台灣大哥大、遠傳電信の大手3社に加えて亞太電信が4G LTE対応プリペイドSIMカードを販売しているので、恐らくそう遠くないうちに桃園国際空港でも4G LTE対応プリペイドSIMカードを購入できるようにはなると思うのだけれど、2015年5月時点では桃園国際空港で購入可能な4G LTE対応のプリペイドSIMは購入可能キャリアや場所が限られる点に注意。

桃園国際空港で確実に4G LTE対応プリペイドSIMカードを購入するのであれば、第二ターミナルの入国審査場の前で販売されている亞太電信のプリペイドSIMがオススメ。(容量無制限&4GL TEのSIM在庫切れの心配が他のキャリアと比べれば少ない。)
関連エントリ:【台湾】桃園空港で亞太電信のプリペイドSIMを購入 – データ通信量無制限で4G LTEが利用可能! | shimajiro@mobiler

台湾の4G LTE対応プリペイドSIMの販売価格などなどについては以下エントリにて。
【台湾】各社の4G LTE対応プリペイドSIM販売価格やデータ通信量を比較 | shimajiro@mobiler