香港空港の中国移動香港が到着フロアに移転 – 香港空港到着後にSIMカードが購入しやすく

スポンサーリンク

香港空港の出発フロアにあった中国移動香港のカウンターが到着フロアに移転、香港空港到着後にSIMカード購入がしやすくなっていた。

■香港空港の中国移動香港が到着フロアに移転
香港空港の中国移動香港が到着フロアに移転

中国移動香港のカウンターの営業時間は07:00 – 23:00、移転後の場所は到着フロアのAとBの間「22番」となる。

中国大陸での4G LTEローミングが割安な「4G/3G 1-Card-2-Number Prepaid SIM Card」(4G/3G一咭兩號儲值卡)や、中国・日本・台湾・韓国・フィリピンで4G LTEローミングが利用可能な「4G/3G Data & Voice Roaming Prepaid SIM Card」(數據及話音漫遊儲值卡)などのSIMカードも店頭に展示されており、以前と比べて購入し易くなっている。支払方法は現金の他クレジットカードもok。

■中国移動香港の「4G/3G一咭兩號儲值卡」および「數據及話音漫遊儲值卡」
中国移動香港のプリペイドSIM

空港ストアでの販売価格は定価のため、深水埗などのSIMカード屋台での販売価格と比べれば割高ではある。ただし「空港の到着フロアに正規ストアで購入できる」という点は非常に心強い。

香港空港でのプリペイドSIMカードは両替所でも購入が可能となっているけれど、両替所にあるSIMカードは種類が限られていたり、細かい設定などをサポートしてもらえない可能性があるので、通信事業者のカウンターが営業している時間帯は通信事業者のカウンターでプリペイドSIMカードを購入する方が無難。(プリペイドSIMカードの種類も豊富)

■複数のプリペイドSIMカードがラインナップ
複数のプリペイドSIMカードがラインナップ

中国移動香港のプリペイドSIMカードは、中国大陸で4G LTEローミングが1日あたりHK$ 48 – HK$68/日(上記で紹介しているSIMの場合)と割安であり、ローミングでの接続となるため、Twitter/Googleなど本来は中国国内の通信回線からは利用できないサービスも利用ができる心強い通信手段。

販売価格は若干割高ながら、日本のAmazonでも購入することができるので、香港(または中国大陸)渡航前にあらかじめSIMカードを入手しておきたい。という場合はAmazonで購入しておくのもあり。

中国大陸を含む5か国で4G LTEローミングが利用可能なプリペイドSIMは以下より。

[CMHK]【中国移動香港】各国4G/3G対応・音声及びデータ通信ローミングカード・數據及話音漫遊儲值卡 [並行輸入品] [CMHK]【中国移動香港】各国4G/3G対応・音声及びデータ通信ローミングカード・數據及話音漫遊儲值卡 [並行輸入品]

中国移動香港
売り上げランキング : 79116

Amazonで詳しく見る by G-Tools

中国大陸での4G LTEローミングがHK$ 48と割安なSIMは以下より。

【中国移動香港】4G/3G 香港/中国デュアルナンバープリペイドSIM$120 [並行輸入品] 【中国移動香港】4G/3G 香港/中国デュアルナンバープリペイドSIM$120 [並行輸入品]

中国移動香港
売り上げランキング : 19292

Amazonで詳しく見る by G-Tools

なお、香港空港では広告を閲覧することでデータ通信料&音声通話料金が無料(SIMカード代も無料)の「i-Sim」を受取することも可能。i-Simは4G LTEに非対応となっているものの、とにかく通信料を抑えたい。という方には悪くない選択肢と言える。

香港空港でも受取できる「i-Sim」の紹介は以下エントリにて。
データ通信&音声通話が7日間無制限!香港の無料SIMカード「i-Sim」を使ってみた | shimajiro@mobiler

コメント

  1. 匿名 より:

    もしかして同じ飛行機に乗ってました?