台湾之星、4G LTEの容量無制限プリペイドSIMカードを桃園空港限定で販売

台湾の通信事業者「台湾之星」は、2016年1月12日より桃園空港第一・第二ターミナルのカウンターにて4G LTE対応の容量無制限プランを提供開始。販売価格は3日間プランで250台湾ドルより。

台湾之星のプレスリリース(繁体字)は以下にて。
新聞公告 – 台灣之星TSTAR

■台湾之星の空港カウンター(第一ターミナル)
亞太電信、台湾之星も購入可能

4G LTEの容量無制限プリペイドSIMカードの取扱い場所は、桃園空港の第一・第二ターミナルのそれぞれ入国審査場の手前にある台湾之星のカウンター。2016年1月12日時点では、桃園空港内の台湾之星のカウンターは入国審査場の手前にしかないので、台湾に入国後には4G LTE容量無制限プリペイドSIMカードを購入することができないので注意。

台湾之星の4G LTE向け周波数帯は900MHz帯(B8)で下り最大75Mbpsにて提供中。プレスリリースによると、2016年中には2600MHz帯(B7)を追加、キャリアアグリゲーションによって下り最大225Mbpsへと高速化される予定になっている。

台湾之星のカウンターで4G LTE対応の容量無制限プランが購入可能となったことで、桃園空港にて購入可能な4G LTE対応プリペイドSIMカードのプラン(4社比較)は以下。

■台湾:桃園空港で買える4G LTE対応プリペイドSIMカードのプランまとめ

利用期間 台湾之星 中華電信 台灣大哥大 遠傳電信
3日 NTD 250 NTD 300 NTD 300 NTD 300
5日 NTD 250 NTD 300 NTD 300 NTD 300
7日 NTD 450 NTD 500 NTD 500 NTD 450
10日 NTD 450 NTD 500 NTD 500 NTD 500
15日 NTD 700 NTD 1000
30日 NTD 1000

※代金はSIMカード代込み、各日数で最も安いプランのみ記載。
※データ通信量は全て使い放題、各キャリア4G LTE対応、通話残高については割愛。