有効期間31日間・1GB使えるソフトバンク「Prepaid SIM for Travel」は直営店で定価購入可能 – 銀座・表参道・渋谷などで取扱い

ソフトバンクが販売するデータ通信専用プリペイドSIM「Prepaid SIM for Travel」は、ソフトバンクの直営店(銀座・表参道・東京駅グランルーフ・六本木・グランフロント大阪など)で取扱いされており、定価(税込2,678円)にて購入できる。

ただし、2016年12月27日の時点では家電量販店や通常のソフトバンクショップでの取扱いはされておらず(在庫があるお店を確認できなかった)、市内にて購入する場合はソフトバンクの直営店にて購入する必要がある。

■ソフトバンク「Prepaid SIM for Travel」
Prepaid SIM for Travel

ソフトバンクのPrepaid SIM for Travelは、アクティベート(利用開始)からの有効期間が31日間で、通常価格が2,678円(税込)と、同種の訪日外国人向けプリペイドSIMカードと比べても割高とは言えない。

なおかつ、基本的に訪日外国人向けのプリペイドSIMカードはMVNO各社より販売されているため、平日お昼時間帯の通信速度低下は免れることができないけれど、ソフトバンクの販売するPrepaid SIM for TravelはMNOであるソフトバンクのネットワークを利用するため、平日のお昼時間帯でも極端に通信速度が低下する心配があまりない。

同プリペイドSIMカードは、成田・羽田など国際空港のソフトバンクカウンターでも取扱いはされているものの、こちらは販売価格が5,500円(税込)と通常価格と比べてかなり割高な設定となっているので、空港にて入手する必要性が薄ければ街中のソフトバンク直営店にて購入することをオススメ。
※直営店にて購入したところで原則としてアクティベーション手続などなどは自身で行う必要がある点は注意。

成田空港にて購入可能なプリペイドSIMカードは以下にて。
【2016年12月版】成田空港で買えるプリペイドSIMカードをターミナル別に総まとめ – 音声通話対応SIMや容量無制限SIMカードも登場 | shimajiro@mobiler