【2016年12月版】成田空港で買えるプリペイドSIMカードをターミナル別に総まとめ – 音声通話対応SIMや容量無制限SIMカードも登場

成田空港で購入可能なプリペイドSIMカードをターミナル別にまとめてご紹介。
※各種情報は2016年12月25日時点。

羽田空港で購入可能なプリペイドSIMカードについては以下エントリにて。

【2017年11月版】羽田空港で買えるプリペイドSIMカードまとめ - 到着フロアのビックカメラが品揃え充実
羽田空港国際線ターミナルで購入可能なプリペイドSIMカードをまとめてご紹介。 ※各種情報は2017年11月17日時点。 成田空港で購入可能なプリペイドSIMカードについては以下エントリにて。 ●羽田空港国際線ターミナルで購入可能なプリペイドSIMカード ...

ターミナル別のSIMカード販売状況まとめは以下より。
第1ターミナル 第2ターミナル 第3ターミナル

第1ターミナル:自動販売機やローソンにてSIMカードが購入可能

●成田空港第1ターミナルで購入可能なプリペイドSIM一覧

SIMカード名称 販売価格
(税込)
有効期間 データ容量 容量超過時
通信速度
利用開始
【1F】国際線到着フロア 自動販売機
U-mobile
プリペイドSIM
2,500円 7日間 200MB/日 200kbps 不要
4,000円 15日間 200MB/日 200kbps 不要
Prepaid SIM
For JAPAN
3,726円 7日間 100MB/日 200kbps オンライン
5,345円 14日間 100MB/日 200kbps オンライン
【1F】国際線到着フロア J WiFi & Mobile
So-net Prepaid
LTE SIM
2,980円 7日間 215MB/日 200kbps 不要
U-mobile
プリペイドSIM
3,480円 15日間 200MB/日 低速化 不要
4,480円 30日間 200MB/日 低速化 不要
So-net Prepaid
LTE SIM
4,500円 60日間 2.4GB 通信不可 オンライン
5,500円 60日間 3.2GB 通信不可 オンライン
Prepaid SIM for
Japan Travel
6,000円 6日間 無制限 無制限 オンライン
10,000円 11日間 無制限 無制限 オンライン
【1F】国際線到着フロア ミニストップ
U-mobile
プリペイドSIM
1,944円 7日間 200MB/日 200kbps 不要
【1F】国際線到着フロア JAL ABCカウンター
Japan Welcome SIM 0円 15日間 0MB 128kbps 必要
1,080円 0MB
1,836円 500MB
Unari-kun SIM 4,000円 7日間 無制限 無制限 不要
So-net Prepaid
LTE SIM
4,500円 60日間 2.4GB 通信不可 オンライン
JAPAN TRAVEL SIM 2,656円 30日間 1GB 通信不可 オンライン
Prepaid SIM
For JAPAN
4,950円 14日間 100MB/日 200kbps オンライン
【1F】国際線到着フロア テレコムスクエアカウンター
Wi-Ho Prepaid SIM
(Y!mobile)
5,500円 15日間 1GB 通信不可 店頭
7,500円 15日間 3GB 通信不可 店頭
Wi-Ho Prepaid SIM
(docomo)
3,500円 7日間 1.5GB 通信不可 必要
5,500円 30日間 3GB 通信不可 必要
【B1F】鉄道連絡階 ローソン
JAPAN TRAVEL SIM 2,656円 30日間 1GB 通信不可 オンライン
4,094円 3カ月 2GB 通信不可 オンライン
U-mobile
プリペイドSIM
1,944円 7日間 200MB/日 200kbps 不要
3,024円 15日間 200MB/日 200kbps 不要
BIGLOBE NINJA SIM 4,860円 30日間 3GB 不明 オンライン
7,884円 30日間 7GB 不明 オンライン

※「Wi-Ho Prepaid SIM (Y!mobile)」以外は全てデータ通信専用SIM

第1ターミナルにてオススメのプリペイドSIMカードは、地下1Fのローソンにて販売されているJAPAN TRAVEL SIM(30日間・1GB)で販売価格は2,656円。販売価格だけを考えるとU-mobileの7日間タイプが2,000円以下で販売されているため、こちらの方が割安ではある。(どちらもローソンにて購入可能)

■地下1F 鉄道連絡階のローソンでプリペイドSIMが買える
地下1F 鉄道連絡階のローソンでプリペイドSIMが買える
地下1F 鉄道連絡階のローソンでプリペイドSIMが買える

鉄道連絡階(B1F)以外のフロアでは、国際線到着フロアの自動販売機や各種カウンターにてプリペイドSIMカードが販売されており、選択肢が充実している。

■1F 国際線到着フロア U-mobileとOCN モバイル ONEの自動販売機
国際線到着フロアにU-mobileとOCN モバイル ONEのSIM自動販売機あり
※自動販売機で販売されるプリペイドSIMカードの販売価格・データ通信量などは各ターミナルにて共通。

取扱いされているSIMカードの種類が豊富なのは有人カウンターの「J WiFi & Mobile」とJAL ABCカウンター。

■1F 国際線到着フロア:「J WiFi & Mobile」カウンター
J WiFi & Mobile
「J WiFi & Mobile」カウンターでは多くのプリペイドSIMを取扱い

JAL ABCカウンターでは、2017年7月よりドコモが提供開始したプリペイドSIM「Japan Welcome SIM」も取扱いしている。同プリペイドSIMカードは、販売価格が割安である上に、広告閲覧によってデータ通信量が増やせるユニークなサービスとなっている。(ただし、広告閲覧によって増やせるデータ通信量に過度な期待は禁物)
※販売価格が「0円」のプランは2017年10月より提供開始予定。

「Japan Welcome SIM」の受取方法や使い勝手などなどは以下エントリにて。

日本人でもok!広告閲覧でデータ通信料が無料のプリペイドSIM「Japan Welcome SIM」を試す
ドコモが7月1日より提供開始している「Japan Welcome SIM」を購入、実際に使ってみたので使い勝手などなどをご紹介。 ■ドコモの訪日外国人向けプリペイドSIMカード「Japan Welcome SIM」 受取方法:事前申込のうえ、カウンターで「SIM引換コード」...

JAL ABCカウンターは、第1ターミナル・第2ターミナルの両方にカウンターが設置されているほか、成田空港以外の空港にも出店しているので「JAL ABCカウンターでSIMが買える」ということは覚えておくと良いかも。

■1F 国際線到着フロア:JAL ABCカウンター
1F 国際線到着フロア:JAL ABCカウンター
第2ターミナル 1F 国際線到着フロア:JAL ABCカウンター
※Unari-Kun SIMは成田空港限定パッケージ。中身はU-mobile。

■テレコムスクエア:音声通話対応SIMも購入可能
テレコムスクエア:音声通話対応SIMも購入可能

成田空港の各ターミナルに展開するテレコムスクエアでは「Wi-Ho Prepaid SIM」のブランドで音声通話対応SIMカードを取扱いしているのが最大の特長。音声通話対応SIMカードの販売価格は最低でも5,500円からと安くは無いものの、利用開始(購入)から15日間の音声通話が1回10分まで(実際には通話時間の制限は無い)使い放題となるので、音声通話の利用回数が多い方には貴重な選択肢と言える。

テレコムスクエアにて販売されているY!mobileのプリペイドSIMカードの使い勝手に関しては以下エントリにて紹介しているので参考まで。

羽田・成田空港で買えるY!mobileの音声対応プリペイドSIMを試す – 音声通話は使い放題、iPhoneではテザリング不可 | shimajiro@mobiler
※この時はiPhoneでのテザリングには利用できなかったけれど、2016年3月よりワイモバイルがiPhoneを取扱い開始したことで、テザリングが利用可能となっている可能性も考えられる。

第2ターミナル:4F「Air BIC CAMERA」が品揃え充実で安い、ソフトバンクのプリペイドSIMも定価販売

●成田空港第2ターミナルで購入可能なプリペイドSIM一覧

SIMカード名称 販売価格
(税込)
有効期間 データ容量 容量超過時
通信速度
利用開始
【4F】Air BIC CAMERA
Prepaid SIM for Travel 2,678円 31日間 1GB 通信不可 オンライン
Prepaid Data SIM for Japan 1,922円 7日間 1GB 150kbps 不要
VISITOR SIM 3,477円 21日間 5GB 通信不可 不要
JAPAN TRAVEL SIM 2,656円 30日間 1GB 通信不可 オンライン
4,082円 3カ月 2GB 通信不可 オンライン
【4F】セブンイレブン
U-mobile
プリペイドSIM
1,944円 7日間 200MB/日 200kbps 不要
【1F】国際線到着フロア 自動販売機
U-mobile
プリペイドSIM
2,500円 7日間 200MB/日 200kbps 不要
4,000円 15日間 200MB/日 200kbps 不要
Prepaid SIM
For JAPAN
3,726円 7日間 100MB/日 200kbps オンライン
5,345円 14日間 100MB/日 200kbps オンライン
【1F】国際線到着フロア テレコムスクエアカウンター
Wi-Ho Prepaid SIM
(Y!mobile)
5,500円 15日間 1GB 通信不可 店頭
7,500円 15日間 3GB 通信不可 店頭
Wi-Ho Prepaid SIM
(docomo)
3,500円 7日間 1.5GB 通信不可 必要
5,500円 30日間 3GB 通信不可 必要
【1F】国際線到着フロア JAL ABCカウンター
Japan Welcome SIM 0円 15日間 0MB 128kbps 必要
1,080円 0MB
1,836円 500MB
Unari-kun SIM 4,000円 7日間 無制限 無制限 不要
So-net Prepaid
LTE SIM
4,500円 60日間 2.4GB 通信不可 オンライン
JAPAN TRAVEL SIM 2,656円 30日間 1GB 通信不可 オンライン
Prepaid SIM
For JAPAN
4,950円 14日間 100MB/日 200kbps オンライン

※「Wi-Ho Prepaid SIM (Y!mobile)」以外は全てデータ通信専用SIM

成田空港第2ターミナルにて購入できるプリペイドSIMカードで最もオススメなのは、ソフトバンクが(主に)訪日外国人向けに販売している「Prepaid SIM for Travel」で、第2ターミナル4Fにある「Air BIC CAMERA」にて購入可能。

■成田空港第2ターミナル:Air BIC CAMERAにて「Prepaid SIM for Travel」が購入可能
成田空港第2ターミナル:Air BIC CAMERAにて「Prepaid SIM for Travel」が購入可能

ソフトバンクのPrepaid SIM for Travelの通常価格は税別2,480となっており、販売価格もMVNO各社が訪日外国人および一時帰国する日本人向けに販売するプリペイドSIMカードと比べると決して割高ではない。(むしろ、どちらかと言えば価格が安い部類に入る)

通信品質に関しても、いわゆる「格安SIM」と称されるMVNO各社と比べれば平日のお昼時間帯であっても安定した速度で通信が使えることが期待できる上に、iPhone 5以降で使用時についてはAPN設定が不要となるのも、日本国内でiPhoneを正規に取り扱いしている通信事業者ならではと言える。
※原則として、MVNO各社のプリペイドSIMはAPN構成プロファイルのダウンロードなど、iPhoneにて通信を行うために事前設定を行う必要がある。

ソフトバンクのPrepaid SIM for Travelは、利用する端末に関わらず利用開始時にはオンラインでアクティベート手続を行う必要がある。アクティベート手続はPrepaid SIM for TravelのSIMカードを用いて通信を行うことができるため、空港から電車やバスで目的地に移動中にアクティベーションを行うこともできる。アクティベーションの際に必要となる書類はパスポート。パスポート情報をスマートフォンのカメラにて撮影するなどしてアップロードを行う。

ただし、Prepaid SIM for Travelは空港内のソフトバンクカウンターでの販売価格が5,500円(各ターミナル共通)となっており、通常価格と比べるとかなり割高な設定になっているので、成田空港にてこちらのSIMカードを購入する場合は、第2ターミナル4FのAir BIC CAMERAにて購入することをオススメ。

■空港内のソフトバンクカウンターでは5,500円で販売されている
空港内のソフトバンクカウンターでは5,500円で販売されている

その他、Air BIC CAMERAにて取扱いされているSIMカード(数が多いので画像のみ紹介)は以下。

■Air BIC CAMERAにて取扱いされているSIMカード
Air BIC CAMERAにて取扱いされているSIMカード
Air BIC CAMERAにて取扱いされているSIMカード
Air BIC CAMERAにて取扱いされているSIMカード
※一部、ポストペイド(月額契約)のSIMあり。

Air BIC CAMERAは、都心部に展開するビックカメラ(新宿・有楽町)と同じ価格にて購入できることをウリにしているので、各社のプリペイドSIMカードについても在庫がある限りはAir BIC CAMERAにて購入するのがオススメ。

品揃えが豊富かつ、街中と同じ価格(空港価格で上乗せが無い)という点で非常に魅力的なAir BIC CAMERAのプリペイドSIMの最大の問題は、Air BIC CAMERAが国際線の出発フロアの更に上にある4Fにお店があるため、国際線到着フロアから電車やバスで移動する際の動線上に無く、海外から日本へ到着した際に購入するのはAir BIC CAMERAまでの移動に多少時間がかかる点が大きなネック。

また、成田空港内にあるAir BIC CAMERAは第2ターミナルのみで、その他ターミナルでは同SIMカードを通常価格にて購入することができない。

■4F セブンイレブンでもU-mobileのプリペイドSIMを取扱い
4F セブンイレブンでもU-mobileのプリペイドSIMを取扱い
4F セブンイレブンでもU-mobileのプリペイドSIMを取扱い

第2ターミナルの自動販売機(到着ロビーA・Bの間)にある自動販売機では、OCNモバイルONEとU-mobileのプリペイドSIMカードが購入可能。OCNモバイルONEの自動販売機はクレジットカードのみ、U-mobileの自動販売機は現金のみ受付となる。

■第2ターミナル 1F 国際線到着フロアの自動販売機
第2ターミナル 1F 国際線到着フロアの自動販売機

その他、以外にもプリペイドSIMカードのラインナップが充実しているのはJAL ABCカウンターで、第1ターミナルと同様に4種類のプリペイドSIMカードがラインナップされていた。(内容は第1ターミナルと同様)

■第2ターミナル 1F 国際線到着フロア:JAL ABCカウンター
第2ターミナル 1F 国際線到着フロア:JAL ABCカウンター

第3ターミナル:ターミナル出入口付近にU-mobileとSo-netの自動販売機あり

LCC専用ターミナルとなっている第3ターミナルは、ターミナル出入り口付近にU-mobileおよびSo-netのプリペイドSIMカード自動販売機が設置されているほか、テレコムスクエアのカウンターでは音声通話対応のプリペイドSIMも購入できる。

●成田空港第3ターミナルで購入可能なプリペイドSIM一覧

SIMカード名称 販売価格
(税込)
有効期間 データ容量 容量超過時
通信速度
音声 利用開始
2F ターミナル出入口付近 自動販売機
U-mobile
プリペイドSIM
2,500円 7日間 200MB/日 200kbps × 不要
4,000円 15日間 200MB/日 200kbps × 不要
So-net Prepaid
LTE SIM
3,500円 30日間 1.2GB 通信不可 × オンライン
5,500円 60日間 3.2GB 通信不可 × オンライン
2F テレコムスクエアカウンター
Wi-Ho Prepaid SIM
(Y!mobile)
5,500円 15日間 1GB 通信不可 店頭
7,500円 15日間 3GB 通信不可 店頭
Wi-Ho Prepaid SIM
(docomo)
3,500円 7日間 1.5GB 通信不可 × オンライン
5,500円 30日間 3GB 通信不可 × オンライン

※「Wi-Ho Prepaid SIM (Y!mobile)」以外は全てデータ通信専用SIM

■ターミナル出入口付近に設置されているプリペイドSIMカード自動販売機
成田空港第3ターミナルのプリペイドSIMカード自動販売機

ターミナル出入口付近には、U-mobileおよびSo-netのプリペイドSIMカード自動販売機が並んでいる。自動販売機で購入できるプリペイドSIMカードのうち、最も価格が安いのはU-mobileの7日間・2,500円のプリペイドSIMカード。

U-mobileのプリペイドSIMカードは空港内の多数の店舗で取り扱いがあり、例えば第3ターミナルの隣の第2ターミナル4Fにあるセブンイレブンでは税込1,944円にて販売されているため、価格だけを考えると第2ターミナルのセブンイレブンにて購入した方が割安。

■テレコムスクエアのカウンターでは音声通話対応プリペイドSIMカードも購入可能
テレコムスクエアのカウンターでは音声通話対応プリペイドSIMカードも購入可能

音声通話対応のプリペイドSIMカード購入時には、パスポート以外に運転免許証などの身分証が必要になるとのこと。パスポートのみでは音声通話対応プリペイドSIMカードを購入することはできないので注意。

まとめ:選択肢がかなり広がったプリペイドSIM、「空港価格」にはご注意を

今回紹介したように、成田空港にて購入可能なプリペイドSIMカードは非常に選択肢が広くなっている。

中でも大きな動きとしては、MNOであるソフトバンクが「Prepaid SIM for Travel」を発売した上、このプリペイドSIMカードがAir BIC CAMERAにて街中と同じ価格にて購入可能となっている点。(繰り返しにはなるけれど、残念ながらAir BIC CAMERAは第2ターミナルのみ出店している。)

従来、訪日外国人(や一時帰国日本人)に向けたプリペイドSIMカードは価格が割安であっても通信品質があまり期待できないプリペイドSIMが多くなっており、どちらかと言えば「安かろう・悪かろう」的な商品が多くラインナップされていた中で、いわゆる「格安SIM」ではないソフトバンク自身がプリペイドSIMカードを割安な価格で発売したのは大きな転換点と言える。
※残念ながら、空港カウンターでの価格は割高に設定されているけれど…。

コメント

  1. お礼を言いたい より:

    わかりやすく、見やすく、大変参考になりました。
    前回、一時帰国の際、成田空港の到着ロビーでシムカードが売ってそうなところを探しましたが見つからず、ポケットWIFIのレンタルがあるのはわかったのですが、レンタル料が高く、利用をあきらめてしまいました。
    今回は、1カ月ほど滞在するので、成田空港で手に入れられる場所がないか事前に調べようと検索し、shimajiro@mobilerさんのまとめを拝見させていただきました。
    こんなにもたくさん購入できる場所があったとは知りませんでした。
    まとめてくださったことに感謝です。

    (一時帰国等でSIMカード購入を検討されている方、トレイ開閉に必要な専用ピンのご持参もお忘れなく。)

  2. ミンガ より:

    こんにちは。
    気になったので一点書き込みます。

    海外のスマホは最近デュアルシム(シム2個使い)が多く、その手のスマホが多く売られています。
    私は欧州在住でたまの帰国にプリペイドシムを購入しますが、2016の年末に帰った際にWi-Hoでデュアルシムは使えないと言われました。

    もし同じようにご使用をお考えの方がいればご注意ください。

    なお、デュアルシムでも使えるプリペイドシムをご存じの方がいれば、教えてもらえると助かります。

    それでは、今後の更新も楽しみにしています。

    • shimajiro より:

      >私は欧州在住でたまの帰国にプリペイドシムを購入しますが、2016の年末に帰った際にWi-Hoでデュアルシムは使えないと言われました。

      「Wi-Ho(の提供する)プリペイドSIMカードがデュアルSIM機種で使えない」
      という意味でしたら、事実と異なるかと思います。

      おそらく、2015年以前に発売されたデュアルSIM機の大半は、デュアルSIMの片方しか3Gの待受に対応していなかったため、日本国内で「海外SIMで音声通話を待ち受けて、日本SIMでデータ通信を行う」という使い方ができませんでした。これを以て「デュアルSIMは使えない」という案内を行っているかと推測します。

      単純に「デュアルSIM対応機種で使えるプリペイドSIM」という意味でしたら、SIMカード側が非対応となっているサービスは(私の知る限り)存在していません。
      ただし、レアケースとして「ドコモとauのSIMカードを特定の組み合わせでデュアルSIMに挿すと、正しく動作しない」というような症状がある機種は把握しております。

  3. 川畑 より:

    大変いい情報をありがとうございました。今回来日されるお客様の為にこの情報が必要でしたが、1か所で全てを網羅しているサイトがあり感激です。
    本当にありがとうございいました。