【2018年3月版】関西国際空港で購入できるプリペイドSIMカードまとめ

スポンサーリンク

関西国際空港(関空)で購入可能なプリペイドSIMカードをターミナル(第1/第2)およびフロア別にまとめてご紹介。
※情報は2018年3月29日時点のもの。在庫状況などなどによって取扱いするSIMカードが変更となる場合がある点はご了承を。

第1ターミナル:国際線到着フロアがメイン

関空のメインターミナルと言える第1ターミナルでは、国際線の到着フロアである第1ターミナル1FにてプリペイドSIMカードが購入できる。

第1ターミナル 1F:国際線到着フロア

SIMカード名称 販売価格
(税込)
有効期間 データ容量 容量超過時
通信速度
登録
【1F】国際線到着フロア 自動販売機(24時間)
U-mobile
プリペイドSIM
2,500円 7日間 220MB/日 200kbps 不要
4,000円 15日間 220MB/日 200kbps 不要
Prepaid SIM
For JAPAN
3,726円 7日間 100MB/日 200kbps オンライン
5,346円 14日間 100MB/日 200kbps オンライン
So-net Prepaid
LTE SIM
2,500円 7日間 215MB/日 200kbps 不明
3,500円 30日間 1.2GB 通信不可 オンライン
5,500円 60日間 3.2GB 通信不可 オンライン
BIGLOBE NINJA SIM 4,860円 30日間 3GB 不明 オンライン
6,000円 30日間 7GB 不明 オンライン
【1F】国際線到着フロア JAL ABCカウンター(06:30-22:30)
Japan Welcome SIM 1,080円 15日間 0MB 128kbps 必要
1,836円 600MB 128kbps 必要
2,376円 1.2GB 128kbps 必要
JAPAN PREPAID SIM 6,500円 30日間 5GB 通信不可 不明
So-net Prepaid
LTE SIM
4,500円 30日間 2.4GB 通信不可 オンライン
TRE SIM(DATA) 2,600円 30日間 1GB 通信不可 不明
4,500円 30日間 3GB 通信不可 不明
【1F】国際線到着フロア イモトのWi-Fiカウンター(07:00-22:00)
JAPAN PREPAID SIM 5,500円 15日間 1GB 通信不可 店頭
7,500円 15日間 3GB 通信不可 店頭
JAPAN PREPAID SIM 2,592円 7日間 1GB 通信不可 不要
3,024円 7日間 3GB 通信不可 不要
3,780円 15日間 3GB 通信不可 不要
4,104円 7日間 無制限 無制限 不要
7,344円 15日間 無制限 無制限 不要
10,584円 30日間 無制限 無制限 不要
【1F】国際線到着フロア Kansai Tourist Information Center(07:00-22:00)
ワイヤレスゲートプリペイドSIM 3,200円 7日間 1GB 通信不可 不明
3,750円 14日間 3GB 通信不可 不明
【1F】国際線到着フロア AnyFone JAPAN(07:30-20:30)
Prepaid Data SIM for Japan 4,500円 7日間 1GB 不明 不要
6,000円 30日間 2GB 不明 不要
7,000円 30日間 3GB 不明 不要
8,000円 30日間 5GB 不明 不要
7,500円 7日間 無制限 無制限 不要
8,000円 10日間 3GB/日 不明 不要
8,500円 15日間 3GB/日 不明 不要
9,500円 30日間 3GB/日 不明 不要
Prepaid SIM for Travel 6,500円 31日間 3GB 通信不可 オンライン
【1F】国際線到着フロア テレコムスクエアカウンター(07:00-21:00)
Wi-Ho Prepaid SIM
(docomo)
3,800円 7日間 2GB 通信不可 必要
5,500円 30日間 5GB 通信不可 必要
4,980円 7日間 無制限 無制限 不要
6,980円 30日間 無制限 無制限 不要
Wi-Ho Prepaid SIM
(Y!mobile)
5,500円 15日間 1GB 通信不可 店頭
7,500円 15日間 3GB 通信不可 店頭
【1F】ソフトバンク グローバル レンタル(07:30-20:30)
Prepaid Data SIM for Japan 4,500円 7日間 1GB 不明 不要
6,000円 30日間 2GB 不明 不要
7,000円 30日間 3GB 不明 不要
8,000円 30日間 5GB 不明 不要
7,500円 7日間 無制限 無制限 不要
8,000円 10日間 3GB/日 不明 不要
8,500円 15日間 3GB/日 不明 不要
9,500円 30日間 3GB/日 不明 不要
Prepaid SIM for Travel 6,500円 31日間 3GB 通信不可 オンライン

関西国際空港の第1ターミナル、国際線到着フロアにはプリペイドSIMカードの自動販売機が南北二箇所に設置されているほか、モバイルWi-Fiルータのレンタル業者のカウンターにてプリペイドSIMカードが取扱いされている。

自動販売機は24時間稼働しているので、深夜・早朝に関西国際空港を到着するLCCのフライトで到着した場合でも安心して購入できるのは大きなメリット。(販売価格も割安なものがラインナップされている)

■関西国際空港 第1ターミナル 1F:プリペイドSIM自動販売機
関西国際空港 第1ターミナル:プリペイドSIM自動販売機
関西国際空港 第1ターミナル:プリペイドSIM自動販売機

続いて、関西国際空港第1ターミナル1Fにある、各社のカウンターで販売されているプリペイドSIMカードをご紹介。

■関西国際空港 第1ターミナル 1F:JAL ABC カウンター
関西国際空港 第1ターミナル 1F:JAL ABC カウンター
JAL ABCカウンターで販売されるプリペイドSIM

■関西国際空港 第1ターミナル 1F:ソフトバンクほか、モバイルWi-Fiルータレンタル
関西国際空港 第1ターミナル 1F:ソフトバンクほか、モバイルWi-Fiルータレンタル

■関西国際空港 第1ターミナル 1F:ソフトバンクグローバルレンタル
関西国際空港 第1ターミナル 1F:ソフトバンクグローバルレンタル

ソフトバンク グローバル レンタルのカウンターでは、ソフトバンクの提供するプリペイドSIMカード「Prepid SIM for Travel」を販売している。

ただし、成田空港や羽田空港のソフトバンク グローバル レンタルのカウンターと同様に、ソフトバンク系のカウンターでの販売価格は市内価格よりもかなり割高に設定されているので、空港価格をベースに考えると魅力は半減。(さすがに、ちょっと高いかなと思う)

大阪中心部では、大阪駅(梅田駅)に隣接する「グランフロント大阪」にある「ソフトバンクグランフロント大阪」が、通常価格である2,678円(税込)にて同プリペイドSIMカードを販売しているので、市内で購入する場合はこちらも有力な選択肢と言える。
※ただし、店頭での待ち時間が長くなる可能性がある。などの点は注意。

■関西国際空港 第1ターミナル 1F:テレコムスクエアカウンター
関西国際空港 第1ターミナル 1F:テレコムスクエアカウンター
テレコムスクエアで販売されるプリペイドSIM

モバイルWi-Fiルータのレンタルを行っている「テレコムスクエア」のカウンターで販売されているプリペイドSIMは、オリジナルブランドとして「Wi-Ho Prepaid SIM」の名称でサービスが展開されている。

同SIMカードの特長は、音声通話対応のSIMカードを取扱いしている点。訪日外国人や、短期滞在の日本人向けのプリペイドSIMカードは、基本的にデータ通信のみ対応のものが大半で、音声通話が利用できるプリペイドSIMの選択肢は貴重。

「Wi-Ho Prepaid SIM」の音声通話対応版は、ワイモバイルのネットワークを利用して提供されており、対応エリアなどなどはワイモバイルのサービス内容に準じる。

音声通話対応の「Wi-Ho Prepaid SIM」に関する詳細は以下エントリにて。
羽田・成田空港で買えるY!mobileの音声対応プリペイドSIMを試す – 音声通話は使い放題、iPhoneではテザリング不可

モバイルWi-Fiルータなどのレンタルを行う事業者のほか、空港内にある「Kansai Tourist Information Center」でもプリペイドSIMカードが取扱いされていた。なお、同カウンターは第2ターミナルの到着フロアにもある。

■関西国際空港 第1ターミナル 1F:Kansai Tourist Information Center
関西国際空港 第1ターミナル 1F:Kansai Tourist Information Center
関西国際空港 第1ターミナル 1F:Kansai Tourist Information Center

関空の第1ターミナルで購入できるプリペイドSIMカードの中では、ドコモの提供する「Japan Welcome SIM」のプランLが比較的割安かつ、通信品質面でもMVNOが提供するサービスの面で有利と言える。

ただし、「Japan Welcome SIM」は事前手続なしではカウンターで購入(受取)できない。事前にdアカウントを発行のうえ、クレジットカード情報などをWebサイトに入力する必要があり、その点の手間は大きい点は「空港で気軽に購入して使える」とは言い難い。

「Japan Welcome SIM」の使い方については以下エントリにて。
日本人でもok!広告閲覧でデータ通信料が無料のプリペイドSIM「Japan Welcome SIM」を試す

次点としてオススメしたいのは、ソフトバンクの「Prepaid SIM for Travel」。ただし、通常価格(約2,500円)に比べて、空港価格として販売される価格(6,500円)がかなり割高なのが悩ましいところ…。

なお、過去には第1ターミナル2Fのローソン/ファミリマートや、エアロプラザ内のローソンでもプリペイドSIMカードが販売されていたものの、2018年3月には多くのコンビニで取扱いが終了していた。

第2ターミナル:国際線ターミナル/国内線ターミナル共にSIMカード購入可

Peach・春秋航空(国際線)が発着する第二ターミナルでは、国際線ターミナルと国内線ターミナルでプリペイドSIMカードが購入できる。

国際線ターミナル:到着ロビーのカウンターでSIMカード購入可能

SIMカード名称 販売価格
(税込)
有効期間 データ容量 容量超過時
通信速度
登録
【国際線ターミナル】 Kansai Tourist Information Center(11:30-19:30)
ワイヤレスゲートプリペイドSIM 3,200円 7日間 2GB 250kbps 不明
3,750円 14日間 3GB 250kbps 不明
【国際線ターミナル】イモトのWiFi(エクスコムグローバル)(06:00-21:30)
JAPAN PREPAID SIM 5,500円 15日間 1GB 通信不可 店頭
7,500円 15日間 3GB 通信不可 店頭
JAPAN PREPAID SIM 3,024円 7日間 3GB 通信不可 不要
4,104円 7日間 無制限 無制限 不要
7,344円 15日間 無制限 無制限 不要

■関西国際空港:第2ターミナル(国際線)
関西国際空港:第2ターミナル(国際線)

関西国際空港、第2ターミナル(国際線)では、到着フロアの荷物受取場を抜けた直後にある「Kansai Tourist Information Center」および、「イモトのWiFi」カウンターにてプリペイドSIMが販売されている。

■関西国際空港:第2ターミナル(国際線)「Kansai Tourist Information Center」
到着フロア「Kansai Tourist Information Center」
関西国際空港:第2ターミナル(国際線)「Kansai Tourist Information Center」

■関西国際空港:第2ターミナル(国際線)イモトのWiFi(エクスコムグローバル)
関西国際空港:第2ターミナル(国際線)イモトのWiFi(エクスコムグローバル)

国内線ターミナル:セブンイレブン/雑貨店でプリペイドSIM可能

SIMカード名称 販売価格
(税込)
有効期間 データ容量 容量超過時
通信速度
登録
【国内線ターミナル】セブンイレブン(24時間)
U-mobile
プリペイドSIM
2,376円 7日間 220MB/日 200kbps 不要
【国内線ターミナル】アプローズ第2ターミナルビル店(06:15-23:00)
So-net Prepaid
LTE SIM
2,500円 7日間 215MB/日 200kbps 不明
3,500円 30日間 1.2GB 通信不可 オンライン
5,500円 60日間 3.2GB 通信不可 オンライン

関西国際空港、第2ターミナル(国内線)では、セブンイレブンおよび、お土産などを販売する「アプローズ」にてプリペイドSIMカードが販売されている。ただし、国内線の発着ターミナルであり利用者が多く無いためか、どちらも店頭での展示は確認できなかったので、他のショップやカウンターと比べると買いやすい環境とは言い難い。(在庫があれば、スタッフに言えば購入できるハズ)

■関西国際空港:第2ターミナル(国内線)セブンイレブン
関西国際空港:第2ターミナル(国内線)セブンイレブン
関西国際空港:第2ターミナル(国内線)セブンイレブン

まとめ:どのターミナルでもカンタンにSIMカード購入が可能に

紹介した通り、第1ターミナル、第2ターミナルのどちらでも多くの選択肢からプリペイドSIMカードを選ぶことができるようになっている。

関西国際空港にて販売されているプリペイドSIMは、良く言えば甲乙付けがたい状況とも言えるし、悪く言えば決定的なSIMカードが存在しないようにも思える。

有効期間と販売価格だけでざっくりとまとめると、

7日間以下 – 3,000円以下
15日間以下 – 4,000円以下
30日間以下 – 5,000円以下

の商品が多くなっているので、有効期間&価格だけで考える場合はこれが一つの目安と言える。

その他空港で購入可能なプリペイドSIMカード

その他の国内空港(成田・羽田・関西など)にて購入可能なプリペイドSIMカードについては以下エントリにて。

新千歳空港
【2018年1月版】新千歳空港で買えるプリペイドSIMカードまとめ

成田空港
【2018年4月版】成田空港で買えるプリペイドSIMカードをターミナル別に総まとめ – 音声通話対応SIMや容量無制限SIMカードも登場

羽田空港
【2017年11月版】羽田空港で買えるプリペイドSIMカードまとめ – 到着フロアのビックカメラが品揃え充実

福岡空港
【2018年3月版】福岡空港で買えるプリペイドSIMカードまとめ