SIMフリーのiPhone 5sをシンガポールのSingTelのプリペイドLTEで快適に使う

スポンサーリンク

SIMフリーのiPhone 5sをシンガポールの『SingTel』のプリペイドSIMで使ってみた。

SIMカードの購入&セットアップについては、以下エントリに記載しているのでエントリのご紹介まで。
シンガポール チャンギ国際空港でSingTelの4G LTE対応プリペイドSIMカードを購入! | shimajiro@mobiler

■SIMフリーのiPhone 5sをシンガポールのSingTelのプリペイドSIMで使用
SIMフリーのiPhone 5sをシンガポール SingTelで使用

シンガポール チャンギ国際空港では、香港と同様に空港内の両替所にてSIMカードが販売されているため、プリペイドSIMカードの入手はごくごくカンタンで、『街中に出るまで』の間に、SIMカードを入手することができるのは、空港から街中までの移動中に地図を見たり、ホテルの場所を調べたりするのにも心強い。
※チャンギ国際空港では、入国審査前にSIMカードが購入できる。

購入したSingTelのSIMカードをSIMフリーのiPhone 5sに挿すと、APN設定などなどを行わずにすぐにインターネット利用が可能になるのは便利ではある反面で、iPhone 5s単体ではAPN設定内容などの確認が行えないので、他の端末でAPN設定が必要になる場合は少々不便とも言える。(APNはパンフレットにも記載が無い。)

SingTelはシンガポール市内をかなり広く4G LTE対応エリア化しており、今回訪問した中で4G LTEが使えなかったのは、ナイトサファリの施設の一部のみ(それでも、エントランス部分ではLTEが利用可能だった)

SIMフリーのiPhone 5sは、Android端末と比べると端末価格がかなり高く、コストパフォーマンスが良いとは思わないけれど、日本国内でもSIMフリー版が正規に販売開始されるようになった。という点は、SIMフリー版を使うユーザにとっては嬉しい改善ではあるかなと(^ ^;

SIMフリー版のiPhone 5sの販売はApple Online Storeにて。

iPhone 5s – ゴールド、シルバー、スペースグレイの新しいiPhone 5sを購入する – Apple Store (Japan) – Apple Store