Nexus 5を台湾の中華電信のプリペイドSIMで使う/テザリングも利用可能!

イー・モバイルが販売するNexus 5(EM01L)を、台湾の通信事業者『中華電信』のプリペイドSIMで使うことができた。

■イー・モバイルのNexus 5(EM01L)を中華電信のプリペイドSIMで使う
Nexus 5(EM01L)を中華電信のプリペイドSIMで使う

イー・モバイルの販売するNexus 5(EM01L)は、国内のキャリアから販売される端末としては数少ない『最初からSIMフリー』仕様として販売されているため、事前にSIMロック解除などの手続きを行うことなく、販売元キャリアであるイー・モバイル以外のSIMカードを利用することが可能。

日本国内のキャリアが販売する端末では、ドコモが販売する端末がSIMロック解除に対応しているものの、SIMロックの解除はドコモショップ店頭にて手続きをする必要があり、手数料は3,150円と有料のサービスとなっている。

更に、SIMロックを解除した端末であっても、海外で利用時はテザリングが利用できない機種も少なくなく、『SIMロックは解除可能だけれど海外ではテザリングが使えない』など、機能が制限されることもあり、純粋な『SIMフリー』端末と異なり、海外利用時に注意が必要なことも少なく無い。(それでも、新しく販売される端末については基本的にSIMロック解除に対応している。というのは有り難い)

SIMロックを解除したGALAXY Note 2で、台湾の通信事業者各社のプリペイドSIMでのテザリング動作を検証した際のエントリは以下。
SIMロックを解除したGALAXY Note 2 + 台湾のプリペイドSIMでのテザリングに失敗 | shimajiro@mobiler

Nexus 5(EM01L)に話を戻すと、Nexus 5ではSIMロック解除の手続きなどは不要で、なおかつテザリング利用時もドコモ端末のようにAPNが変わる挙動になっていないためか、APNを正しく設定しないと通信することができない台湾のプリペイドSIMを利用した状態でも、テザリングの利用が可能なのは、国内で容易に入手できる端末としては嬉しい仕様(^ ^)

イー・モバイルの販売するNexus 5(EM01L)は、3月末までの期間限定でMNP契約(SoftBank以外からの転入)で端末代が一括0円(32GBは5,000円)で販売されており、国内で入手可能なSIMフリー端末として、MNPであれば端末代が極めて安くなるので、海外で使えるSIMフリーのスマートフォンの選択肢としてオススメ。

イー・モバイル オンラインストアでの販売は以下より。

イー・モバイルオンラインストア – EMOBILE
Nexus 5がMNP一括-円

コメント

  1. […] 到着ロビー出たところに通信サービス3社のカウンターがありました。 プランの値段と内容はどこも同じなので、@shimajiroさんがNexus5での実績を報告されている中華電信を選びました。 Nexus 5を台湾の中華電信のプリペイドSIMで使う/テザリングも利用可能! | … […]