タイ国際航空:東京、大阪、名古屋、福岡からバンコク往復が32,000円のセール!燃油サーチャージ不要

タイ国際航空は、成田/関空/名古屋/福岡からバンコクが往復で32,000円になるタイムセールを1月21日(木)まで開催。

タイ国際航空は日本-タイ間の燃油サーチャージを撤廃しているため、運賃以外に必要になる費用は空港使用料のみ。

タイ国際航空のWebサイトでのプロモーション運賃紹介は以下にて。

WEB限定運賃 | スペシャル | タイ国際航空
タイ国際航空:成田・関空・名古屋・福岡からバンコクが32,000円のセール

■販売期間
2016年1月15日 – 1月21日

■搭乗期間
2016年5月12日 – 7月8日出発

■予約クラス
Eクラス (ANAマイレージへの付与率は0%)

■対象路線&価格
東京(成田) – バンコク:32,000円
大阪(関空) – バンコク:32,000円
名古屋 – バンコク:32,000円
福岡 – バンコク:32,000円
※片道価格は23,000円
※燃油サーチャージ不要、空港使用料が別途必要。対象便は限定。

タイ国際航空は日本 – タイ間での燃油サーチャージを撤廃しているため、航空運賃以外に必要となるのは空港使用料のみ。

タイ国際航空のセール対象期間中の航空券価格をLCCと比較してみると、エアアジアの東京(成田) – バンコク(ドンムアン)で最も価格が安い日程でも約30,000円(空港使用料を含む)となっていた。

■エアアジアで往復価格が約30,000円
エアアジア:成田-バンコクの往復総額は約30,000円

タイ国際航空の運賃には受託手荷物(30kgまで)、機内食&ドリンクサービス、機内エンターテインメントなどが含まれていることを考えれば、コストパフォーマンスは高く、セール対象の搭乗期間中にバンコクへの渡航を検討中の方にはオススメ。
※ちなみに、先月開催されていたセールでは販売価格が29,000円となっていたので、若干値上がりしている。

なお、セール対象便として指定されている成田 → バンコクのTG677便はA380型機。少し前に搭乗したことがあるので関連エントリのご紹介まで。
タイ国際航空 A380型機搭乗メモ – 主に座席電源の話 | shimajiro@mobiler