mineo、熊本県内の利用者にパケット通信量2GB支援 – 4月20日(水)より自動適用

ケイ・オプティコムの提供するMVNOサービス「mineo」は、九州地方で発生している地震の被災者に対する支援として、災害救助法の適用地域である熊本県内の契約者に対して、データ通信量2GBをプレゼントする措置を発表。対熊本県内に契約住所がある個人・法人が対象となる。

ケイ・オプティコムのプレスリリースは以下にて。
熊本地震により被災されたお客さまに対する支援措置について|プレスリリース|ケイ・オプティコム

■支援内容
mineoサービス契約者向けにパケット通信量2GBを支援

■送信日時
2016年4月20日(水)
→ 申込などは不要。パケット通信量の増量は自動的に適用される。

■対象者
災害救助法の対象地域である熊本県内に住所のある個人・法人
→なお、今後災害救助法の対象地域が拡大した場合は同様の措置をとる予定。

ケイ・オプティコムではこのほか、mineoの「フリータンク」機能による通信量の引き出しを4月15日(金)の昼より可能とするなどの支援を行っている。フリータンク機能からの通信量引き出しに関しては、契約者の住所などを限定していない。
関連エントリ:mineoがフリータンクからの通信量引き出しを前倒し開放 – 4月15日(金)昼より引き出し可能に | shimajiro@mobiler

mineoのサービス紹介&申込は以下にて。
月額756円(税込)からの格安スマホmineo