mineoがフリータンクからの通信量引き出しを前倒し開放 – 4月15日(金)昼より引き出し可能に

ケイ・オプティコムの提供するMVNOサービス「mineo」は、mineoのユーザコミュニティサイト「マイネ王」の利用者が余ったパケットを預入・またパケットが足りない場合は引き出しできる「フリータンク」からのパケット通信量の引き出しを、4月15日(金)昼より引き出し可能としている。

九州地方で発生している地震の影響を受けて、情報収集や安否情報確認などに必要となるパケット通信量が増加するユーザへの対応と思われる。ただし、対象者は九州地方のmineo契約者に限定はされていない。

マイネ王でのお知らせは以下より。

【熊本地震被災者支援】mineoフリータンクの引き出し機能を本日より開放 | 王国通信 | マイネ王
mineo:フリータンクからの引き出しを前倒し

フリータンクからの引き出しが可能なパケット通信量は1GBまでで、この点については変更はない。mineoサービスの契約者で、パケット通信量が足りていない方はフリータンクからのパケット通信量引き出しを活用することをオススメ。

フリータンクからのパケット通信量引き出し・預け入れは以下にて。
IN | フリータンク | マイネ王
※4月16日(土)現在、フリータンクの残容量は約12.7TBとなっている。

また、モバイル通信およびWi-Fi通信時のパケット通信量を抑えるサービスとしては、Webブラウザ「Opera」の開発元であるOpera Software ASAが提供する「Opera Max」を利用すると、各種データ通信時の通信量が圧縮され、通常時よりも通信量を抑えることができる。
※Opera MaxはWebブラウザではなくVPN接続サービス。

Opera Maxのダウンロード(無料)は以下にて。
Opera Max – データ節約アプリ – Google Play の Android アプリ
※Opera MaxはAndroid向けのみ提供されている。