UQとMVNO、下り最大370Mbps対応のモバイルWi-Fiルータ「W03」を7月1日より発売

UQコミュニケーションズは、下り最大370Mbps対応のモバイルWi-Fiルータ「Speed Wi-Fi NEXT W03」を、UQコミュニケーションズ直営のオンラインショップおよびMVNOにて、2016年7月1日より販売することを発表。

UQコミュニケーションズのプレスリリースは以下にて。
下り最大370Mbps対応モバイルWi-Fiルーター「Speed Wi-Fi NEXT W03」がUQ WiMAXから登場! | UQ WiMAX|超高速モバイルインターネットWiMAX2+

■UQコミュニケーションズ:W03販売情報
発売日:2016年7月1日より
本体価格:2,800円 (クレードルセットは4,800円)
※本体価格は二年契約時の価格。

W03の最大の特長は、WiMAX 2+とKDDIの4G LTE(FDD-LTE)とのキャリアアグリゲーションにより、下り通信速度が最大で370Mbpsに高速化されている点。下り最大370Mbps対応エリアは渋谷駅(東京都)周辺から提供され、名古屋駅周辺(愛知県)、梅田駅周辺(大阪府)、山手線主要駅周辺(東京都)へと拡大の予定。

■UQコミュニケーションズ:下り最大370Mbps対応のW03を発売
UQ、下り最大370Mbps対応のW03を7月1日発売

ただし、KDDIの4G LTEとWiMAX 2+でキャリアアグリゲーションを有効にするためには、通信モードを「ハイスピードプラスエリアモード」にする必要があり、同モードを利用すると1,005円/月のオプション料金が発生するほか、同モードでの通信量が7GBを超えると、通信速度が最大で128kbpsに制限されるため注意が必要。

このため、月間容量制限なし(直近3日間3GBで速度制限あり)で使える通信速度で考えれば、従来製品であるW01/W02や、WX01/WX02などと変わらない点は少々残念なところ。

W03は、ハードウェア的にはNFC搭載によって「スマホをかざして接続」に対応しているほか、バッテリー容量も大容量化しているなど、W01・W02とほぼ変わらない本体サイズでありながら進化しているだけに、「メインディッシュ」と言える通信速度の高速化の恩恵が、サービス面での制限によって十分に受けることができない(月間7GBまで&追加料金必要)となるのは惜しい。

W03のスピードテストに関しては以下エントリにて紹介しているので、購入予定の方は参考まで。
W03を下り最大370Mbpsでスピードテスト – 国内最速モバイルWi-Fiルーターの実力をチェック | shimajiro@mobiler

UQコミュニケーションズの公式オンラインショップは以下にて。