WiMAXユーザが違約金なしでWiMAX 2+に無料乗り換えできる『史上最大のタダ替え大作戦』が提供開始!

スポンサーリンク

初代WiMAXサービスが2015年春より、下り最大40Mbps ⇒ 最大13.3Mbpsに低速化することをうけて、WiMAX 2+対応のモバイルWi-Fiルータに無料で乗り換えできる『史上最大のタダ替え大作戦』が11月1日(土)より提供開始されている。

『史上最大のタダ替え大作戦』では、

・初代WiMAXサービスの契約解除料が無料
・WiMAX 2+対応のモバイルWi-Fiルータの本体代が無料
・WiMAX 2+の契約事務手数料が無料

となり、初代のWiMAXサービスを契約中のユーザのWiMAX 2+への乗り換えを料金負担無く行える施策となっている。

UQコミュニケーションズの提供する『史上最大のタダ替え大作戦』の紹介は以下より。

史上最大のタダ替え大作戦|UQ WiMAX|超高速モバイルインターネットWiMAX2+
WiMAX 2 への機種変更について|UQ WiMAX|超高速モバイルインターネットWiMAX2

WiMAX 2+は、2015年春に下り最大220Mbpsに高速化する予定となっているものの、現行のWiMAX 2+対応モバイルWi-Fiルータ3機種(HWD14/NAD11/HWD15)については、下り最大220Mbpsに非対応機種となっているため、2015年春より提供予定の下り最大220Mbpsの速度では利用できない。

UQコミュニケーションズが提供する『史上最大のタダ替え大作戦』の終了期限については未定となっているので、今後発売が予定される下り最大220Mbps対応機種が出るまで、現行WiMAXを使い続ける。というのも選択肢になるかなとは思う。
※ただし下り最大220Mbps対応機種が『史上最大のタダ替え大作戦』の対象機種となるのかは不明。

現時点では終了時期は未定です。十分な期間を設定させていただく予定ですが、終了時期は随時変更となる可能性がありますので、お早めのご変更をお勧めいたします。

なお、UQ コミュニケーションズの『史上最大のタダ替え大作戦』と同様の施策(WiMAX 2+への乗り換え無料)については、UQコミュニケーションズ以外のMVNO各社からも提供が開始されており、WiMAX 2+への乗り換えが無料となるのは現在契約中のプロバイダのまま、WiMAX 2+へ乗り換える場合のみとなっているので注意が必要。

『史上最大のタダ替え大作戦』に類似する施策を提供予定の会社一覧は以下。

史上最大のタダ替え大作戦|UQ WiMAX|超高速モバイルインターネットWiMAX2
情報元:史上最大のタダ替え大作戦|UQ WiMAX|超高速モバイルインターネットWiMAX2+

WiMAX 2+は、契約から二年間の間はWiMAX 2+とWiMAXを使う『ハイスピードモード』の通信量制限が無く、通信量制限は基本的に気にする事無く利用が可能とはなっているけれど、WiMAXサービスでは提供されていたファミ得パックや機器追加オプションなどが提供されていない他、対応機種のラインナップにWiMAX 2+内蔵PCが無い点、家庭用に使う据置型端末が無い点などは、初代のWiMAXサービスを使っているユーザとしてはネック。

『史上最大のタダ替え大作戦』を適用したWiMAX ⇒ WiMAX 2+への乗り換えは、WiMAXサービスの契約解除料が発生するタイミングでは解除料が無料になるなどのメリットがあるけれど、それ以外のタイミングではWiMAXサービスを解約 ⇒ WiMAX 2+を新規契約した方が、キャッシュバック特典などが適用されるのでお得になる。

そんなわけで、WiMAX 2+への乗り換えを考えている方は『タダ替え大作戦』だけでなく、各社が行っているキャンペーン内容もチェックすることをオススメ。

UQコミュニケーションズのキャンペーンは以下より。