ソフトバンク「アメリカ放題」の無料キャンペーンを6月末で終了、データ定額パック5GB以上なら引き続き無料

ソフトバンクは、2014年9月19日より提供を開始している「アメリカ放題」の無料キャンペーンを2016年6月末で終了。ただし、「データ定額パック5」以上を契約している場合は引き続きアメリカ放題が無料で利用可能となる。

アメリカ放題のサービス紹介については以下にて。
アメリカ放題 | 国際サービス | サービス | モバイル | ソフトバンク

■ソフトバンクモバイル「アメリカ放題」を2014年9月開始
ソフトバンクモバイル、アメリカ放題を9月19日より提供開始

ソフトバンクの「アメリカ放題」は、ソフトバンクにて購入した対応機種(iPhone 6/6 Plus以降、iPad Air2・iPad mini 3以降)をアメリカで利用する際に、音声通話およびデータ通信量が国内料金と同等になる(海外ローミング料金が不要となる)サービスで、2014年9月の提供開始からこれまでキャンペーンとして無料で提供されていた。キャンペーン終了後、データ定額パック5(以上)を契約していないユーザは、アメリカ放題の利用に月980円(非課税)が発生する。

また、キャンペーン期間中(2016年6月末まで)は無料であったため申込不要で利用できた「アメリカ放題」は7月1日以降、オプション料金が発生するユーザ(データ定額パック5以上を契約していないユーザ)は、申込が必要となるとのこと。
※このため、アメリカ放題のオプション料金が自動的に課金されることはない。

ソフトバンク「アメリカ放題」無料キャンペーン終了 – ケータイ Watch

 また、これまで「アメリカ放題」は申込不要で利用できたが、7月1日以降に渡米して利用する場合は、申し込みが必要になっている。一度申し込めば、渡米する都度に申し込む必要はない。

キャペーン期間が終了したことで、全ユーザが無料で使うことはできなくなったアメリカ放題だけれど、アメリカ放題を提供していない国向けの国際データローミングが1日あたり最大2,980円で提供されていることを考えると、アメリカ放題の月額980円(共に非課税)は格安と言える。
※ただし、対応機種がiPhone 6/6 Plus以降・iPad Air2/mini 3以降に限られるのがネック。