MNO品質の4/5Gが月額2,980円で20GB使える「SoftBank on LINE」(仮)、eSIM対応で2021年3月スタート

スポンサーリンク

ソフトバンクは、MVNO「LINEモバイル」を吸収合併し、オンライン専門の新ブランドを2021年3月に提供する。ブランドコンセプトは「SoftBank on LINE」。

ソフトバンクの4G/5Gネットワークが利用でき、データ通信量は20GB(超過時最大1Mbps)で月額2,980円から。データ通信量および月額料金から、ドコモの「ahamo」に対抗するプランと位置づけられる。

ソフトバンクの新ブランド「SoftBank on LINE」は以下にて。
SoftBank ON LINE | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

新ブランド「SoftBank on LINE」(仮)サービス概要

■サービス開始
2021年3月

■サービススペック
月額料金:2,980円(税別)
家族割引:対象外
固定回線セット割:対象外
データ通信量:月間20GBまで高速(超過時最大1Mbps)
ネットワーク:ソフトバンクの4G/5G
通信速度:ソフトバンクおよびY!mobileと同等品質
音声通話:5分以内の国内通話が使い放題(+1,000円で通話し放題)
申込手続:LINEから
その他:「LINE」が使い放題(ノーカウント対象)
eSIM:対応
追加チャージ:500円/1GB

■「SoftBank on LINE」概要
「SoftBank on LINE」概要

「SoftBank on LINE」は「LINEがギガノーカウント」とされているものの、その対象は「LINEトーク/LINE通話などを予定」としており、ビデオ通話などは使い放題の対象外となる可能性が残る。詳細についてはサービス開始前までに発表される模様。

なお、「SoftBank on LINE」の提供開始タイミングでMVNOサービス「LINEモバイル」の新規受付は終了となる。

「LINEモバイル」では、LINE、Twitter、Facebook、Instagramなどの主要SNSが使い放題になるオプションサービスが提供されているものの、「SoftBank on LINE」では同様のサービスが提供されない可能性が高い。※LINEは使い放題になる。

LINEモバイル(2021年3月で新規受付終了予定)のサービス詳細は以下にて。