IIJ、auの4G LTE回線のMVNOサービスを10月より提供 – 契約事務手数料やSIMカード追加手数料が2,000円引きのキャンペーンも開催

スポンサーリンク

株式会社インターネットイニシアティブ(以下、IIJ)は、auの4G LTE回線を利用する「IIJmioモバイルサービス タイプA」を2016年10月1日より提供開始することを発表。月額料金は高速データ通信量が月間3GBの「ミニマムスタートプラン」が900円。音声通話機能は+700円/月で利用可能。(料金は税別)

既に提供中のIIJmioモバイルサービス タイプD(ドコモ回線)に加えてau回線を使用するサービスが加わることで、マルチキャリア対応となる。

IIJmioのサービスでは、1つの契約を複数のSIMカードで利用することが可能。例えば1枚のSIMカードはタイプD(ドコモ回線)で利用、もう1枚のSIMカードはタイプA(au回線)で利用するなどの使い方ができるようになる。

IIJのプレスリリースは以下にて。

IIJ、個人向けモバイルサービスにおいてマルチキャリアに対応し、auの4G LTE回線を利用した「IIJmioモバイルサービス タイプA」を提供開始 | 2016年 | IIJ

■サービス提供開始予定日
2016年10月1日

■サービス名称
IIJmioモバイルサービス タイプA

■サービスプラン
ミニマムスタートプラン:高速データ通信3GB 月額900円より
ライトスタートプラン:高速データ通信6GB 月額1,520円より
ファミリーシェアプラン:高速データ通信10GB 月額2,560円より
※各種プランに+700円/月で音声通話機能が利用可能となる。各種料金は税別

■サービスプラン詳細
IIJ、au網のMVNOサービスを10月より提供開始

■対応機種
VoLTE対応SIMフリー機種またはau VoLTE対応機種
※auで販売されたau VoLTE対応機種を利用するためにはSIMロックの解除が必要。

au回線を使用する「IIJmioモバイルサービス タイプA」の提供開始にあわせて、音声通話機能付きSIM(みおふぉん)の契約時に発生する契約事務手数料(通常 3,000円)を1,000円に割引するキャンペーンが開催される。キャンペーン期間は9月1日から9月30日まで。
※キャンペーン対象となるのは音声通話付きSIM(みおふぉん)を契約時のみ。

その他、音声通話付きSIM(みおふぉん)で申込できる「通話定額オプション」の料金(600円もしくは830円)や、音声通話機能付帯料(700円/月)が割引される。割引内容は、新規にみおふぉんを契約するユーザと、既存のユーザで異なる。

対応機種は、VoLTE対応のSIMフリー機種またはau VoLTE対応となっており、auが販売するVoLTE対応機種で利用する場合は(mineoなどと同様に)SIMロックの解除が必要。auが販売する機種のSIMロック解除に関しては、いわゆる「白ロム」として入手した機種でもSIMロックの解除が可能となっているため、中古端末などなどを購入した場合でもSIMロックの解除ができる。
関連エントリ:SIMロック解除対応の3社比較 – 購入から180日以内の解除不可は共通、持込端末のロック解除はKDDIのみ対応 | shimajiro@mobiler

au系のMVNOは、事業者および対応機種があまり多く無い状況が続いていたけれど、UQ mobileがY!mobileに対抗する料金プランやキャンペーンを打ち出していたり、ASUSの「ZenFone Go」がソフトウェア更新によってKDDI網のVoLTEに対応するなど、通信事業者と対応機種が徐々に充実してきている。

その中でも、IIJがユニークなのは1つの契約に複数のSIMカードをぶら下げて利用できる(通信量を複数のSIMカードでシェアするイメージ)ことで、電波状況や端末に応じてドコモ回線・KDDI回線を使い分けできるようになるのは便利。
※mineoでも似たような使い方はできるけれど、ドコモ回線とKDDI回線で複数回線を契約する必要がある。

IIJmioのサービス紹介は以下にて。