高雄空港で買えるSIMガイド:到着フロアで主要3社の4G LTE容量無制限プリペイドSIMが購入可能に

台湾第二の都市、高雄空港到着フロアで購入できるプリペイドSIMカードのまとめ。

2016年8月29日時点で、高雄空港では国際線到着フロアにて台湾の大手携帯電話3社、中華電信・台灣大哥大(台湾モバイル)・遠傳電信の4G LTE対応プリペイドSIM(容量無制限)が購入できるほか、亞太電信のプリペイドSIMカードも取扱いされており購入できる。

通信各社のSIMカードを扱うカウンターは、従来と比べてわかりやすく各社のロゴが掲示されている上、高雄空港は小さい空港なので「どこでSIMカードが売ってるのかわからない」という心配はほぼ無い。
→台湾の通信事業者でプリペイドSIMカードを購入する際、本来は身分証明書が2種類必要となる。ただし、各空港のカウンターではパスポートのみで購入可能なケースも多い。

国際線到着フロアに到着すると、目の前に(右手から)台湾モバイル・中華電信・遠傳電信の順で各社のSIMカードを取扱いするカウンターが並んでいる。というかなりざっくりした説明でも、迷うことは無いと思う。

以下、到着フロアを出て右手から順番に紹介。

一番右手に見えるのが、台湾モバイルのSIMカードを取扱いするカウンター。

■台湾モバイルのSIMカードを取扱いするカウンター
台灣大哥大のSIMカードを取扱いするカウンター

購入できるプリペイドSIMカードのプランは、桃園空港などの空港限定プランと同様で、4G LTEの無制限プランが購入できる。

■台湾モバイル:高雄空港で買える4G LTE容量無制限プラン
高雄空港で買える台湾モバイルプリペイドSIMカードのプラン

台湾モバイルのプランを簡単に説明すると以下。

プランA:300元(3日間インターネット使い放題 + 音声通話100元)
プランB:300元(5日間インターネット使い放題 + 音声通話50元)
プランC:500元(7日間インターネット使い放題 + 音声通話150元)
プランD:500元(10日間インターネット使い放題 + 音声通話100元)
プランE:500元(5日間インターネット使い放題 + 音声通話 300元)
プランF:700元(7日間インターネット使い放題 + 音声通話 350元)
プランG:800元(10日間インターネット使い放題 + 音声通話 400元)
プランH:1,000元(15日間インターネット使い放題 + 音声通話 400元)

ちなみに、台灣大哥大のプリペイドSIMカードは到着ロビーを出て左手側に見えるカウンター(以下写真)でも購入可能。プランは前述のカウンターと同じプランを取扱いしている。

■台湾モバイルのSIMカードを取扱いするカウンター(2)
台湾モバイルのSIMカードを取扱いするカウンター(2)

台湾モバイルのカウンターのすぐ左にあるのが中華電信。

■中華電信のSIMカードを販売するカウンター
中華電信(高雄空港)

滞在期間が3日・5日間と短期間の場合はあまり関係が無いけれど、中華電信のプリペイドSIM(空港限定の4G LTE容量無制限)は、30日間パッケージが1,000台湾ドルと他の通信事業者と比べて安くなっているので、滞在期間が長くなる場合は中華電信の4G LTE使い放題はコストパフォーマンスが高い。

■高雄空港で購入できる中華電信の4G LTEプリペイドSIMのプラン
高雄空港で買える中華電信プリペイドSIMカードのプラン title=

プランA:300元(3日間インターネット使い放題 + 音声通話100元)
プランB:300元(5日間インターネット使い放題 + 音声通話50元)
プランC:500元(5日間インターネット使い放題 + 音声通話300元)
プランD:500元(7日間インターネット使い放題 + 音声通話150元)
プランE:500元(10日間インターネット使い放題 + 音声通話100元)
プランF:700元(15日間インターネット使い放題 + 音声通話100元)
プランG:800元(15日間インターネット使い放題 + 音声通話250元)
プランH:1,000元(30日間インターネット使い放題 + 音声通話430元)
※このほか、中華電信の4G LTE使い放題プランは中華電信のWi-Fiも使い放題になる

中華電信の左手には、遠傳電信および亞太電信のプリペイドSIM(4G LTE、容量無制限)を販売するカウンターがある。

■遠傳電信・亞太電信のSIMカードを販売するカウンター
高雄国際空港:遠傳電信のカウンター
※こちらの写真は2015年8月撮影のもの

■高雄空港で購入できる遠傳電信の4G LTEプリペイドSIMのプラン
高雄空港で買える遠傳電信プリペイドSIMカードのプラン

プランA:350元(3日間インターネット使い放題 + 音声通話150元)
プランB:400元(5日間インターネット使い放題 + 音声通話150元)
プランD:550元(10日間インターネット使い放題 + 音声通話150元)

■高雄空港で購入できる亞太電信の4G LTEプリペイドSIMのプラン
高雄空港で購入できる亞太電信の4G LTEプリペイドSIMのプラン
※高雄空港で購入出来る亞太電信の4G LTE対応プリペイドSIMは、データ通信専用

プランA:250元(3日間インターネット使い放題)
プランB:300元(5日間インターネット使い放題)
プランC:600元(12日間インターネット使い放題)

●高雄空港でオススメのSIMカードは?
高雄空港で購入出来るSIMカードでオススメなのは、滞在期間が15日以上になる場合は15日以上のプラン(特に30日プラン)が割安な中華電信。ただし、短期滞在であればそれほど通信品質に違いを感じることは少ないかと思う。
※ちなみに、台灣大哥大も30日間のインターネット使い放題を1,000台湾ドルで提供しているので、中華電信と台灣大哥大の間に料金的な差は無い。

と言うのも、旅行などなどで高雄に数日間滞在する限り、特定の通信事業者で4G LTEで通信可能なエリアが極端に狭い、あるいは通信速度が遅いということを感じることは無く、どの通信事業者のSIMカードを買っても必要十分に快適に使えるものと思う。

ただし、高雄空港から台湾に入国してから台北を訪問する場合は、中華電信以外の通信事業者をオススメ。と言うのも、台北に関しては中華電信の通信品質が他の通信事業者と比べてやや悪いと感じるケースがあるため。
→とは言え、台北での中華電信の通信品質に関しても中華電信が4G LTEでB7(2600MHz帯)を運用開始した後はかなり改善されているので、4G LTEのB7をサポートする機種であれば、それほど気にする必要は無いかも。

そんなわけで「どれか一つ」を選ぶのはなかなか悩ましいところ。ただ、従来と比べて高雄空港でSIMカードが購入し易くなっているので、LCCなどで高雄空港を訪問する場合でも比較的安心してSIMカードを購入できるかなと思う。