ミャンマー ヤンゴン空港でMPTのプリペイドSIMカードを購入!3Gデータ通信も利用可能

ミャンマーのヤンゴン空港でMPTのプリペイドSIMカードを購入したので価格などのまとめ。

2014年10月20日の時点で、ヤンゴン空港で購入可能なプリペイドSIMカードはMPTおよびOoredooの2社。

両社とも、国際線の到着フロアにてプリペイドSIMカードが販売されており、外国人旅行者でもSIMカードを購入することが可能になっている。

■MPTのプリペイドSIMカード
MPTのプリペイドSIMカード

MPTのプリペイドSIMカードは、上記写真に映っているカウンターで購入可能。

ただし、プリペイドSIMカードの販売を示すような掲示は『MPT』のロゴが掲示されている以外には無いので、少々見つけにくいかもしれない点に注意。

MPTのプリペイドSIMカードは1,500チャット(約150円)で、データ通信を行う場合は追加で10,000チャット(約1,000円)がデータ通信のアクティベーションフィーとして追加で必要となる。

この状態でもプリペイドSIMカードの残高はゼロとなるため、MPTのプリペイドSIMカードを購入してデータ通信を行う場合は最低でも合計11,500チャット(1,150円) + トップアップ分の代金の支払が必要になる。そんなわけで、ミャンマーの現地物価を考えるとプリペイドSIMカードを購入するのはあまり安くは無い。という印象。

■MPTのプリペイドSIMカード代金(データ通信を行う場合)
プリペイドSIMカード代:1,500チャット
データ通信アクティベート料金:10,000チャット
トップアップ料金:必要な分だけ追加

MPTのプリペイドSIMカードの購入にはパスポートの提示が必要で、1枚のパスポートで購入可能なSIMカードは1枚までに制限されている。

SIMカードを購入すると、その場でパスポート情報の登録を行うらしく、カウンターのスタッフがスマートフォンを使って購入者のパスポート情報をカメラで撮影していた。

■パスポートの提示が必要
パスポートの提示が必要

MPTのプリペイドSIMカードはパスポートの提示&パスポート情報の登録が必要になっているものの、登録作業が完了するまでインターネットが使えない。というようなことはなく、プリペイドSIMカードの購入&データ通信プランの登録を行うと、すぐにデータ通信が利用可能になった。

ただし、データ通信を利用するためにはSMSによる利用登録が必要になる上、APN設定なども基本的には手動で行う必要がある点に注意。
※どちらもカウンターで行ってもらうことはできるので、お任せで問題無いと言えば問題ないけど。

[データ通信を有効にするためのオーダー]
宛先:1331
本文:Orderdata service
※上記内容をSMSで送信する。

SMSが正しく送信&受付されると、データ通信が有効になった旨がSMSで返送される。

■データ通信を有効にするSMSメッセージ
データ通信を有効にするSMSメッセージ

■データ通信が有効になった旨がSMSで返送される
データ通信が有効に

データ通信の有効化を行ったあとは、APNの設定を行う。

空港カウンターにて設定されたAPN情報は以下。

[APN設定]
APN:mptnet
ユーザ名:mptnet
パスワード:0000 (数字の04つ)

データ通信の有効化とAPN設定が完了すると、すぐにデータ通信が利用可能となった。

■データ通信が利用可能に
データ通信が利用可能に

データ通信用のパッケージなどは用意されておらず、データ通信料金はGSM(2G)なら2チャット/1分で、3Gの場合は4チャット/1分ずつプリペイドSIMの残高が消費される形となるので、通信を利用しないときはデータ通信をオフにする必要があるのは、定額制のインターネットプランに慣れていると非常に面倒な作業。


2015.1.13 追記

その後、MPTでもインターネットパッケージが提供開始となったのでご紹介。

MPTのインターネットパッケージ内容は以下。

5,000チャット:400MB – 30日間
10,000チャット:1GB – 30日間

パッケージの登録方法は、”400MB”または”1GB”と記載したSMSを”1332″宛に送信。

■MPTのインターネットパッケージ

詳細はMPTのWebサイトにて。
MPT Myanmar | Voice & Internet Packages


空港カウンターでは、データ通信料は2チャット/1分としか説明されなかったけれど、MPTのWebサイトにはGSMなら2チャット/分、W-CDMAもしくはCDMA 800MHz帯を利用した場合は4チャット/分であることが記載されている。

MPT Myanmar | Mobile

2 Ks per minute for GSM customers

4 Ks per minute for CDMA 800 and WCDMA customers

空港カウンターで受けた説明とMPTのWebサイトでの説明を総合すると、SIMカード代とデータ通信のアクティベーションフィーだけではデータ通信を行う残高がゼロになるため、実際にデータ通信を利用するためには更にプリペイドSIMの残高を購入する必要がある。

それなりに手間のかかるプリペイドSIMカードの購入手続を終えると、快適なデータ通信が利用可能に…と言いたいところだけれど、残念ながら今回の滞在中にヤンゴン市内で使った限りでは、データ通信の速度は非常に不安定で、信頼性&データ通信速度共に『まだまだ』というのが率直な印象。

宿泊していたチャイナタウンのエリアや、観光客が多く訪れるシュエダゴン・パゴダやスーレーパゴダ付近は、エリア的にはネットワークの圏内になっているものの、通信速度は極めて遅く、実質あまり使い物にならない。という状況が続いていた。

ヤンゴンに滞在中、あまりにも通信環境が悪かったので、プリペイドSIMカードを使ったモバイルインターネットを使うことはほとんど無かったけれど、最終日に空港へ移動中、市内の中心部を離れると意外にもそれなりの通信速度で通信を行うことができたので、市内の中心部以外の通信速度はそれほど悪くないのかも。

■市内中心部を離れてスピードテスト
市内中心部を離れてスピードテスト

ちなみに、ヤンゴン空港ではMPTの4G LTEを検出。商用サービスは提供されていないけれど、MPTが4G LTE提供開始に向けた準備を行っていることが確認できた。

■ヤンゴン空港でMPTのLTEを検出(端末はGALAXY J SC-02F)
ヤンゴン空港でMPTのLTEを検出