成田空港、道路新設で10月25日から第2→第3ターミナルの連絡バスの所要時間を大幅短縮

成田国際空港株式会社は、成田空港第2ターミナル→第3ターミナルのアクセスを改善するために、構内に道路を新設した上で、ターミナル間の連絡バスルートをを変更。

これに伴い、連絡バスの走行距離が短くなることで第2ターミナル→第3ターミナル間の所要時間が約11分→約4分へ短縮され、ターミナル間連絡バスの運行間隔も短縮される。としている。

成田国際空港株式会社のプレスリリースは以下にて。

10 月 25 日から、第 2 ターミナルから第 3 ターミナルへの連絡バスルートを変更します!

6 月に発表しました、第 2ターミナルから第3ターミナルへの連絡バスルートの変更について、運行開始日が、10月25日に決定しました。
これにより、バスの走行距離が短くなり、所要時間が約 11 分から約 4 分に短縮されます。
また、バスの運行間隔も短縮され、第2ターミナル、第3ターミナル間が便利にスムーズにご移動いただけるようになります。

■ルート変更内容(イメージ)
成田空港:第2T→第3Tのアクセスを改善

成田空港が発表した道路新設による第2ターミナル→第3ターミナルの所要時間短縮が、東京駅-成田空港などを結ぶバスにも影響するのかは不明。東京駅-成田空港を結ぶバスは、一部時間帯を除いて第2ターミナル北→第2ターミナル南→第1ターミナル→第3ターミナルの順番で停車するため、距離的には最も近いハズの第3ターミナルに到着するのが最後となっている。

■THEアクセス成田時刻表:第2ターミナル2番 → 第3ターミナル間は所要時間15分
THEアクセス成田時刻表:第2ターミナル2番 → 第3ターミナル間は所要時間15分

このため、東京駅→成田空港へと移動する場合、バスに乗り続けで第2ターミナル北から第3ターミナルへ移動するよりも、第2ターミナル北から第3ターミナル間はバスを降りて徒歩で移動する方が所要時間が短くなっていた。

成田空港内の構内道路新設によって、東京シャトルやTHEアクセス成田など東京駅(および銀座駅)と成田空港を結ぶバスが最初に停車するバス停が第3ターミナルになれば(なるのかは不明)、東京駅から成田空港第3ターミナルへのバスでのアクセスが約15分短縮される計算になる上、第3ターミナル → 第2ターミナル → 第1ターミナルと全てのバス停を回るための所要時間も短縮されることになる。

個人的に成田空港第3ターミナルに対する最大の不満は、第3ターミナルが運用開始される前と比べて、東京駅からのバスで移動するための所要時間がバス停ベースで15分間、チェックインカウンターまでの実際に移動するための所要時間は20分ほど長くなっている点。

今回発表された構内道路の新設による所要時間の短縮が東京駅-成田空港間のバスにも影響があるのかは不明だけれど、第3ターミナル開業によって、成田空港のLCC利用時に都心部からの移動に必要な時間が大きく伸びてしまった問題が解決されたら嬉しいなと。
関連エントリ:成田空港 第3ターミナル開業でLCC利用時の成田空港が遠く、高くなる | shimajiro@mobiler