ワイモバイル、家電量販店やネットでのキャッシュバックは「お役所のガイドラインの範囲内」

スポンサーリンク

ワイモバイル(ソフトバンク)は、2017年1月18日(水)に「Y!Mobile 2017 Spring」を開催し、2017年春商戦向けのキャンペーンや新商品を発表。

発表会の囲み取材では、ワイモバイルの寺尾本部長への囲み取材も行われた。家電量販店などでは、ワイモバイル新規(またはMNP)契約時にSIMフリー端末を同時購入すると、SIMフリー端末の本体代金が割引されており、実質的なキャッシュバックが行われていることについては「お役所のガイドラインの範囲内」であるとコメントされている。

発表会後の囲み取材は以下にて。
Y!Mobile 2017 Spring終了後の寺尾洋幸本部長囲み動画 – YouTube

————————————————————
・記者
最近、店頭やネットで非常にキャッシュバックを実施しているが、キャッシュバックはあくまでSIMカードについてくるものなのか?

・ソフトバンク寺尾氏
お役所のガイドラインは当然守っている。その中です。
————————————————————

ワイモバイル契約によるSIMフリースマートフォンの本体代割引に関しては以下エントリにて。
※キャンペーンは継続して開催されているものの、割引額は店舗・タイミングによって異なる。

Y!mobile契約で大幅割引中のHUAWEI P9を購入、複数台契約で更に本体代&月額料金が割引
ヨドバシカメラなどの家電量販店が実施している、ワイモバイルのスマホプランM(またはL)の新規契約またはMNP契約と同時購入でSIMフリースマートフォンが大幅割引されるキャンペーンにて、HUAWEI P9を購入してみた。 ワイモバイルの同時契約によるSIMフリースマートフォンの割...

■ワイモバイル契約と同時購入でP9が14,800円に
ワイモバイル契約でP9が14,800円(税込)
※キャンペーンは年末・年始にかけて実施されていた。

ワイモバイルが実施しているSIMフリースマートフォン同時購入による本体代割引に関しては、総務省の定める各種ガイドラインが禁止している「スマートフォンの販売に対する過剰な割引」は行っていない(ワイモバイルが販売するスマートフォンではない)という建付で行われており、現時点ではガイドラインに違反しているとは言い難い。
→それを意識してか、店頭でも原則としてSIMカードを端末に挿しての動作確認などが行わない状態で商品が手渡しされる。

ワイモバイル新規契約 + SIMフリー端末同時購入による割引は、現時点では規制対象とはされていないけれど、今後はガイドライン改定に伴って制限される可能性も考えられるので、今後の動向に注目したいところ。