mineo、大容量プラン提供、店舗で初期設定サポート(有料)を開始、9月からSIMカード発行料新設など

ケイ・オプティコムは、MVNOサービス「mineo」で、月間のデータ通信量が20GB以上のいわゆる「大容量プラン」を6月1日より提供開始する。

大容量プランの月額料金は、ドコモプラン(Dプラン)のシングルタイプ(データ通信のみ)が20GBで3,980円、30GBで5,900円。音声通話対応はそれぞれ+700円/月、auプラン(Aプラン)はシングルタイプの料金は同額で、音声通話対応プランはそれぞれ+610円/月。

また、5GBプランは料金据え置きのまま利用可能なデータ量が5GB→6GBヘ増量。データ通信量の増量は、既存ユーザの手続は得に必要無く、6月1日より自動適用される。

■mineo:20GB以上の大容量プラン提供、既存プランは5GB→6GBへ増量も
mineo:20GB以上の大容量プラン提供、既存プランは5GB→6GBへ増量も

ケイ・オプティコムのプレスリリースは以下にて。
※リリース内容は、大容量プランの提供開始以外にも新たな取り組みが多数。

「mineo」データ通信大容量コースの追加およびmineoショップでの初期設定サポート提供開始について

株式会社ケイ・オプティコム(以下ケイ・オプティコム、代表取締役社長:藤野 隆雄/本社:大阪市北区)は、携帯電話サービス「mineo」(マイネオ)において、6月1日(木)よりデータ通信の大容量コース(20GB、30GB)を追加し、5GBコースを6GBコースに増量いたします。また、初期設定が苦手なお客さま向けとして、mineoショップ(渋谷、大阪、神戸)における初期設定サポートの提供を6月より順次実施してまいります。

mineo 渋谷・大阪・神戸で初期設定サポートも開始

mineoではmineoショップ(渋谷・大阪・神戸)にて、有料で初期設定をサポートする「初期設定サポート」を提供する。

初期設定サポートの料金は、SIMカード差し替え・ネットワーク設定・メール設定が1台あたり1,000円(mineo端末は無償)など。

■「初期設定サポート」のサービス内容&料金
「初期設定サポート」のサービス内容&料金

初期設定サポートの提供開始時期は、mineo 渋谷が6月1日から、mineo 大阪とmineoショップ 神戸が7月1日より開始予定。mineo 秋葉原での初期設定サポート受付については案内が無い。

9月1日よりSIMカード発行料を設定

新規契約時や、SIMカードを紛失・破損、プラン変更(Dプラン↔Aプラン)、タイプ変更(シングル↔デュアル)などの際に、手数料として新たに「SIMカード発行料」が新設される。

SIMカード発行手数料は、Dプラン(ドコモプラン)が394円、auプラン(Aプラン)が406円。

■SIMカード発行手数料を新設
SIMカード発行手数料を新設

ドコモプラン(Dプラン)MNP転入時の切替高速化

このほか、ドコモプラン(Dプラン)でmineoを新規契約する際のMNP転入手続が従来の60分→最短で数分程度へと、大幅に短縮されるようになる。これに伴い、19:00 – 21:00に行われる手続に関しても、従来は翌日午前中となった開通(MNP転入)が、当日中に開通可能となり、店頭での待ち時間も大幅に短縮される。

ドコモプラン(Dプラン)へのMNP転入以外にも、タイプ変更(デュアル↔シングル)や、auプラン(Aプラン)からドコモプラン(Dプラン)へのプラン変更時のデータ通信停止期間が大幅に短縮されるとのこと。

各種手続時間の短縮は、ドコモの顧客システムとケイ・オプティコムがオンライン連携することに伴うもので、ケイ・オプティコムがMVNEとなってサービスを提供しているMVNO(Fiimoなど)に関しても、同様に各種手続に必要となる時間が短縮される。

mineoのサービス詳細&申込は以下にて。