【レポート】ソフトバンクのiPhoneをSIMロック解除なしで使える「b-mobile S スマホ電話SIM」を紹介

日本通信は、一部ブロガー向けに「b-mobile S スマホ電話SIM」懇親会を開催。

■日本通信が「b-mobile S スマホ電話SIM」懇親会
日本通信が「b-mobile S スマホ電話SIM」懇親会

「b-mobile S スマホ電話SIM」は、「ソフトバンクのiPhoneでそのまま使える」ことが特長のMVNOサービス(いわゆる格安SIM)で、データ通信専用の「開幕SIM」が2017年3月に、音声通話に対応する「b-mobile S スマホ電話SIM」が2017年8月より提供開始されている。

■2017年よりソフトバンク回線のMVNOサービスを提供開始
2017年よりソフトバンク回線のMVNOサービスを提供開始

今回のイベントは、「b-mobile S スマホ電話SIM」の紹介がメイン。

■今回の主役「b-mobile S スマホ電話SIM」
「b-mobile S スマホ電話SIM」

■「b-mobile S スマホ電話SIM」5つの特長
「スマホ電話SIM」5つの特長

「スマホ電話SIM」の最大の特長は、ソフトバンクで購入したiPhone(=SIMロック iPhone)に挿してそのまま使える点。短期解約に伴うペナルティや、MNP転出手数料が高額というような罠も無い。

さらに、通信速度については「遅いなんてことはない!」と繰り返しアピールされていた。

■b-mobile = おそい?
b-mobile = おそい?

実際にサービスを毎日使っているわけではないので、詳細な使用感などなどは不明ながら、平日夕方の帰宅時間帯(19時台)のスピードテスト結果は以下。

■スピードテストの結果(平日19時台)
スピードテストの結果(平日19時台)

既にご紹介の通り、「電話SIM」の最大の特長は、ソフトバンクが販売したiPhoneでそのまま使えるサービスである。という点。

SIMロック解除に非対応となっているiPhone 5/6シリーズはもちろん、SIMロック解除に対応するiPhone 6s/SE/7などの機種でもSIMロック解除をすることなく、電話SIMを使うことができる。ソフトバンク回線を元に提供されるMVNOサービスは「電話SIM」(および開幕SIM)と、U-mobileの一部プランのみ。

日本通信では、SIMロック解除に非対応のiPhoneユーザーは推定で900万人で、既に解約済みでSIMロック解除ができない(解約から90日経過後はSIMロック解除ができなくなる)状態のユーザを含めると、より多くのユーザが「b-mobile S スマホ電話SIM」を使うことができる。

■「ソフトバンクの販売したiPhone」がそのまま使える
「ソフトバンクの販売したiPhone」がそのまま使える

「b-mobile S スマホ電話SIM」の月額料金は、1回あたり5分までの音声通話定額とデータ通信料コミで、月額2,450円(税別)から。

データ通信量に応じて料金が発生し、データ通信量上限は月間5GBまで。5GBを超過すると通信速度は200kbpsに制限される。

なお、「通話5分かけ放題」オプションは月額500円で、これを利用しない場合の月額料金は1,950円〜3,350円/月となる。
※「通話5分かけ放題」を利用するためには、専用のアプリケーションから音声通話発信を行う必要がある。通常の「電話」アプリからの音声通話発信は、定額対象外となる。

■「b-mobile S スマホ電話SIM」料金プラン
「スマホ電話SIM」料金プラン

「b-mobile S スマホ電話SIM」は、定期契約(二年契約)による割引などは無く、いつでも気軽に解約することができる。

契約から短期間で解約した場合でも、ペナルティは特に設定されていないので、気軽に試すことができるのも特長。

■短期解約でも解約金なし
解約金なし

「b-mobile S スマホ電話SIM」のパッケージは、家電量販店やAmazonなどなどで販売されているものの、基本的に申込は日本通信のWebサイト上にて行う。現時点で対面でSIMカードが受取できる店舗は二店舗のみで、対面で申し込み可能な店舗は今後拡大の見込み。SIMカードは最短で翌日に発送される。

■SIMカードは最短翌日発送
SIMカードは最短翌日発送

「b-mobile S スマホ電話SIM」の想定ユーザとして、二年契約が終了するソフトバンクユーザや、過去にソフトバンクのiPhoneを使っていたユーザが例として紹介された。

■想定ターゲット①二年契約終了タイミングのソフトバンクユーザ
想定ターゲット①二年契約終了タイミングのソフトバンクユーザ

■想定ターゲット②過去に使っていたiPhoneが眠っているユーザ
想定ターゲット②過去に使っていたiPhoneが眠っているユーザ

■Q&A
Q&A

Q&Aの内容は以下。

Q.VoLTEには非対応か?
A.非対応

Q.テザリングには非対応か?
A.非対応

Q.プロファイルをダウンロードする際は別途回線が必要か?
A.Wi-Fi経由でのプロファイルダウンロードなど別途回線が必要

Q.契約解除料などなどが設定されていない理由は?
A.まずはサービスを使ってもらいたいので

Q.大容量プランは提供しないのか?
A.要望次第で今後検討

Q.Jアラートは受信するか?
A.保証はしないが、恐らくする

Q.使えない機能・サービスは?
A.i.softtbank.ne.jpのメールなど、キャリアサービスは利用不可

Q.料金算定の期間は?
A.契約してから約30日間を「1カ月」として計算する。(初月日割りなどの概念なし)

Q.AXGPは使える?
A.非対応。(4G LTEは)ソフトバンクが提供するFDD-LTEのみ利用可能

Q.SIMフリーiPhoneでも使える?
A.基本的にソフトバンクのiPhone向けを想定しているが、SIMフリーiPhoneでも使える

Q.ソフトバンクのAndroidスマートフォンでも使える?
A.SIMカードが異なるため使えない。要望次第では今後商品化することも検討可能。

■SIMカードは「MVNO専用nanoUSIMカード」
SIMカードは「MVNO専用nanoUSIMカード」

日本通信公式オンラインストアでの「b-mobile S スマホ電話SIM」申込は以下にて。