【ドコモ】下取りプログラムでタブレット旧モデルの下取り額を最大約1万円増額

ドコモは、2017年11月22日(水)より下取りプログラムによる下取り額を変更。

今回の下取り額変更では、過去に発売したタブレットの下取り額が最大で約10,000円増額している。(高く下取りされることで、お得になっている。)

ドコモの下取りプログラムに関する詳細は以下にて。

下取りプログラム – ドコモオンラインショップ
下取りプログラム

■11月22日より下取り額が増額されている主な機種

機種 発売時期 下取り価格
ARROWS Tab F-02F 2013年11月 10,368円
ARROWS Tab F-03G 2014年11月 10,368円
arrows Tab F-04H 2016年7月 10,368円
Xperia Tablet Z SO-03E 2013年3月 10,368円
Xperia Z2 Tablet SO-05F 2014年6月 10,368円
XperiaTM Z4 Tablet SO-05G 2015年7月 10,368円
AQUOS PAD SH-08E 2013年8月 10,368円
AQUOS PAD SH-06F 2014年6月 10,368円
AQUOS PAD SH-05G 2015年7月 10,368円
GALAXY Tab S 8.4 SC-03G 2014年12月 10,368円
dtab d-01G 2015年2月 10,368円
dtab d-01H 2015年12月 10,368円
dtab Compact d-02H 2016年1月 10,368円
dtab Compact d-01J 2017年5月 10,368円
iPad mini2 2013年10月 10,368円
iPad mini3 2014年10月 10,368円

※下取り価格は良品のみ記載。

■「dtab」旧モデルも1万円で下取りへ
「dtab」旧モデルも1万円で下取りへ

なお、ドコモは2017年6月1日より下取りに関するルール変更を実施。機種変更時の下取りは「機種変更をする回線自身に、下取りする端末の購入履歴が記録されていること。」となっており、端的に言うとドコモから自回線で購入した端末のみが下取り可能となっている。
→今回のケースで言えば、家族が過去に購入して使っていたタブレットの下取り。などが難しくなる。

2017年6月に行われたドコモの下取りルール変更については以下エントリにて紹介している。

【ドコモ】下取りプログラムの条件を変更、機種変更時の他社端末下取りを終了、ドコモ端末は機種変更時のみ下取り可能に

今回の下取り価格の有効期限は11月22日〜11月30日までと短め。ただし、ドコモの2017年冬-2018年春モデルとして発表された2機種のタブレット「arrows Tab F-02K」および「dtab d-01K」は、共に2018年1月以降に発売予定となっているため、これらのタブレット新機種への機種変更促進を目的として、タブレット旧モデルの下取り強化を継続する可能性が考えられる。