ドコモテレビターミナル購入・dTV申込・シェアパック30GBに申込してみた

スポンサーリンク

ドコモが1月30日に発売したセットトップボックス「ドコモテレビターミナル」を購入してみた。

「ドコモテレビターミナル」は、Android TVを搭載したセットトップボックスで、ドコモが提供する映像サービス「dTVチャンネル」「dTV」dアニメストア」「DAZN for docomo」「ひかりTV for docomo」に対応するほか、YouTubeの閲覧も可能。

このほか、Google Cast機能を搭載しており、Android OS搭載スマートフォンの画面を「ドコモテレビターミナル」経由でTVなどのモニターに出力することができる。

「ドコモテレビターミナル」の販売価格は税込16,848円。

ドコモショップなどでも取扱されているので、ドコモショップにて購入することを考えていたけれど、立ち寄ったドコモショップの店頭が混雑していたので、ドコモオンラインショップにて購入。

ドコモオンラインショップでの「ドコモテレビターミナル」の販売ページは以下にて。

ドコモテレビターミナル(TT01)
ドコモテレビターミナル(TT01)

ドコモオンラインショップは、dカードの支払でボーナスポイントが付与される「dカード特約店」のため、通常ポイントに加えて+2倍のポイントが付与される。(合計3%)
→16,868円の「ドコモテレビターミナル」をdカードで支払すると、約500ポイントが付与される。

dカード/dカード GOLDの申込は以下より。

「dTV」に申込してみた

ドコモテレビターミナルの購入にあわせて、ドコモの提供する映像配信サービス「dTV」に申込してみた。

「dTV」は、映画、ドラマ、アニメ、ライブ映像、カラオケ、マンガ、キッズなどのジャンルのコンテンツが提供されている。月額料金は500円(税別)。

(自分自身は映像コンテンツはあまり見ないけれど)dTVに申込をしてみた理由は、子どもがスマートフォン・タブレットで見ているYouTubeのコンテンツに「エルサゲート」と呼ばれるコンテンツが含まれていたのが理由。

有料コンテンツでも構わないので、安心して楽しめるサービスの方が良い。ということで、d系映像サービスの中では子ども向けのコンテンツが充実している。という話を耳にした「dTV」に申込してみた。

dTVの申込(初回31日間無料)は以下にて。
動画を見るならdTV -公式サイト

なお、「ドコモテレビターミナル」の発売記念キャンペーンとして、ドコモテレビターミナルを購入のうえ、ドコモの映像コンテンツに加入すると3,000ポイント、ドコモ光を新規契約する場合は8,000ポイントがもれなくプレゼントされるキャンペーンが開催中。

■キャンペーン期間
2018年1月30日(火) – 2018年3月31日(土)

■適用条件(全て満たす必要あり)
●ドコモ光新規契約あり(8,000ポイント)
(1)ドコモテレビターミナルを購入する
(2)ドコモの映像サービスをいずれか1つ以上契約する(契約済みでもok)
(3)ドコモ光を新規または転用で契約する
(4)dポイント進呈タイミングでドコモの映像サービスとドコモ光を継続契約していること
※ドコモ光の契約は2年定期契約のみが対象

■ドコモ光新規契約なし/既存契約
(1)ドコモテレビターミナルを購入する
(2)ドコモの映像サービスをいずれか1つ以上契約する(契約済みでもok)
(3)dポイント進呈タイミングでドコモの映像サービスとドコモ光を継続契約していること

■dポイント進呈時期、有効期限
・ドコモ光新規契約ありの場合
→ドコモ光の開通日の翌々月末頃に付与。進呈月の翌々月末まで有効。

・ドコモ光新規契約なしの場合
→2018年5月中旬頃に進呈、2018年7月末まで有効。

シェアパック15→30に変更してみた

固定回線サービス「ドコモ光」と、ドコモの携帯電話サービスを契約することで適用される「光セット割」の割引が拡充されるので、シェアパックを30GBの「ウルトラシェアパック30」に変更してみた。

ドコモのプレスリリースは以下にて。

報道発表資料 : スマートフォンと「ドコモ光」をセットで、月額最大3,500円割引に | お知らせ | NTTドコモ

「ドコモ光セット割」の割引額拡大によって、シェアパック15→ウルトラシェア30への変更は、容量が2倍になるのに、料金負担が+300円だけというかなり魅力的な内容になっている。

■2018年2月1日以降の割引内容
「ドコモ光」と大容量パックの割引を拡大

今のところ、シェアパックの容量は基本的に余っている(10GBでも十分)けれど、dTVなどなどを外出先でも(子どもに)見せる機会が増える気もするので、ひとまずウルトラシェア30を試してみることに。