【ドコモ】シェアパック50→ベーシックシェアパックに変更

スポンサーリンク

2018年夏にWiMAX 2+を解約→ドコモのシェアパック50を契約、WiMAX 2+に代わる大容量モバイル回線としてシェアパック50を契約して使っていた(関連エントリ)けれど、毎月遠慮無くドコモ回線を使っても、データ通信量が20GBを超えることがほぼ無かったので、思い切ってシェアパック50から「ベーシックシェアパック」に変更してみることに。

■シェアパック50:データ通信量は毎月20GB程度だった
データ通信量は毎月20GB程度だった

ベーシックシェアパックは、月間のデータ通信量に応じて月額料金が決まる定額制のシェアパックで、データ通信量は5GB/10GB/15GB/30GBの4段階が設定されている。(30GB/月を超えると速度制限)

ウルトラシェア、ベーシックシェアパックの料金・割引比較

大容量シェアパック(ウルトラシェア)と、ベーシックシェアパックの料金および割引の比較は以下。

■試算条件
・ドコモ光セット割(固定回線にドコモ光契約)
・ずっとドコモ割プラス(プラチナステージ/dポイント還元)
・dカード GOLD会員(1,000円毎に100pt)

ウルトラパック
シェアパック 月額料金 光セット割 ドコモ割プラス dカードGOLD 割引後
料金(実質)
ウルトラパック50 16,000円 ▲2,900円 ▲2,160pt ▲1,300pt 9,640円
ウルトラパック30 13,500円 ▲2,500円 ▲1,440pt ▲1,100pt 8,460円
ベーシックシェアパック
シェアパック 月額料金 光セット割 ドコモ割プラス dカードGOLD 割引後
料金(実質)
〜30GB 15,000円 ▲1,800円 ▲1,440pt ▲1,300pt 10,460円
〜15GB 12,000円 ▲1,800円 ▲1,440pt ▲1,000pt 7,760円
〜10GB 9,000円 ▲1,200円 ▲1,200pt ▲700pt 5,900円
〜5GB 6,500円 ▲800円 ▲1,080pt ▲500pt 4,120円

※各種料金、割引額は税別。

ウルトラパック50で各種割引後の料金が9,640円相当と考えると、ベーシックシェアパックでは月間のデータ通信量が15GB以上で割高に、15GB未満なら割安になる。

シェアパックのデータ通信量が20GB/月だとベーシックシェアパックへの変更によって料金は割高になる見込み。しかしながら、ドコモのシェアパック以外に契約しているY!mobileやMVNO回線を活用すれば、月間のデータ通信量は10GB未満に抑えられれることを想定。

このため、しばらく続けていた「ドコモ回線頼み」な状況から、「ドコモ回線とMVNO回線などをバランスとって使う」というのが理想。

改めて整理してみると、ドコモとY!mobile(MNO)回線以外にも、mineo、UQ mobile、LINEモバイル、OCN モバイル ONEなど複数のMVNO回線を契約しつつも、あまり活用する機会が無かったので、このあたりの回線を活用したいなと。

■MVNO+デュアルSIMでの運用にも便利なモバイルWi-Fiルーター「MR05LN」
MVNO+デュアルSIMでの運用にも便利なモバイルWi-Fiルーター「MR05LN」

dカード/dカード GOLDの申込は以下より。