【ドコモ】ベーシックパック・ベーシックシェアパックの受付開始、変更は6月1日適用

スポンサーリンク

ドコモは、新しいパケットパックとして「ベーシックパック」「ベーシックシェアパック」を2018年5月25日(金)より受付開始。新規契約の場合は同日より、既にシェアパックを契約中の場合の変更は6月1日より適用される。

ベーシックパック・ベーシックシェアパック | 料金・割引 | NTTドコモ
ベーシックパック・ベーシックシェアパック | 料金・割引 | NTTドコモ

ベーシックパック/ベーシックシェアパックは、どちらかと言えばデータ通信量が少ないユーザー向けのパケットパックで、従来のシェアパックと料金を比較すると、通信量が毎月15GB未満ならベーシックシェアパックが、通信量が毎月15GBを超える場合はシェアパックの方が割安となる。

現行のシェアパックとベーシックシェアパックの料金比較は以下。

「ずっとドコモ割プラス」および「ドコモ光セット割」適用時の料金

ベーシックシェアパック
データ容量 割引前料金 ずっとドコモ割 ドコモ光セット割 最安料金
5GB 6,500円 ▲900円 ▲800円 4,800円
10GB 9,000円 ▲1,000円 ▲1,200円 6,800円
15GB 12,000円 ▲1,200円 ▲1,800円 9,000円
30GB 15,000円 ▲1,200円 ▲1,800円 12,000円
シェアパック
契約プラン 割引前料金 ずっとドコモ割 ドコモ光セット割 最安料金
シェアパック5 6,500円 ▲800円 ▲800円 4,900円
シェアパック10 9,500円 ▲1,000円 ▲1,200円 7,300円
シェアパック15 12,500円 ▲1,200円 ▲1,800円 9,500円
ウルトラパック30 13,500円 ▲1,200円 ▲2,500円 9,800円

※各種料金は税別。
※「ずっとドコモ割プラス」のステージはプラチナ(最上位)を想定。ステージ毎の割引額はこちら

なお、ベーシックシェアパックの提供開始にあわせて、シェアパック5・10・15および、データパックS・Mの新規受付は終了しているので、シェアパックについては「大容量プランはシェアパックで、それ以外はベーシックシェアパックで」というのが大きな流れ。

ドコモのシェアパックについては、シェアパック5またはシェアパック10を行ったり来たりしながら使っているけれど、ベーシックシェアパックへの変更はせずに、シェアパックを継続するか、いっそのこと大容量シェアパックに変更する方針で検討中。