テレコムスクエア、韓国向けプリペイドSIMを国内空港で販売

スポンサーリンク

海外旅行者向けのモバイルWi-Fiルータのレンタルなどを手がけるテレコムスクエアは、国内の主要空港(成田/羽田/関空/福岡空港)にて、韓国で使えるプリペイドSIMカードを2018年6月20日に発売。

■テレコムスクエア空港カウンター

テレコムスクエアのお知らせは以下にて。

韓国のプリペイドSIMカード販売開始!|株式会社テレコムスクエア

このたび当社で取り扱う商品は、韓国のプリペイドSIMカード「DATA PLANET 韓国用 Prepaid SIMカード」です。通信開始日は利用日数にカウントされないため、最大7日間インターネットを利用できます。本SIMカードは5GBのデータ通信用で、各種サイズに対応しているためSIMフリー端末をお持ちの方であればご利用が可能です。

プリペイドSIMの有効期間は6日間・データ通信量5GBのデータ通信専用SIM。2018年7月4日〜8月31日までの間、通常価格2,300円→1,800円(不課税)になるキャンペーンが開催されている。

「DATA PLANET 韓国用 Prepaid SIMカード」概要

販売価格:2,300円→1,800円(8月31日までのキャンペーン)
データ容量:5GB
サービスタイプ:データ通信専用
リチャージ:非対応
Web:https://sim.telecomsquare.co.jp/jp/overseas/

<韓国SIM販売場所>
成田空港 第1ターミナル 地下1階 「モバイルセンター成田第1」(7:00-21:00)
成田空港 第2ターミナル 地下1階 「モバイルセンター成田第2」 (7:00-21:00)
成田空港 第3ターミナル 本館2階 「モバイルセンター成田第3」 (6:00-21:00)
羽田空港 国際線旅客ターミナル 3階 出発ロビー 「モバイルセンター羽田空港」 (6:30-23:00)
関西空港 第1ターミナルビル 1階到着ロビー 「モバイルセンター関西空港中央」 (7:00-21:00)
関西空港 第1ターミナルビル 1階到着ロビー 「モバイルセンター関西空港南」 (7:00-22:30)
福岡空港 国際線ターミナルビル 1階 「テレコムスクエア福岡空港」 (8:00-21:30)

<注意事項>
購入時はパスポートまたは運転免許証など本人確認書類が必要。
開通時には自身で開通手続(パスポート画像のアップロードを含む)が必要。

テレコムスクエアは、2017年8月より台湾の通信事業者「中華電信」の正規代理店となり、国内空港のテレコムスクエアカウンターにて台湾向けのプリペイドSIMカードの販売を行っている。

台湾「中華電信」のプリペイドSIMが成田・羽田空港でも購入可能に!テレコムスクエアが正規代理店に

韓国向けのプリペイドSIMカードは、利用開始時に必要となる開通手続を利用者自身が行う必要があり、「SIMカードを挿せばすぐに使える」という手軽さは実現されていない点に注意。(また、韓国のSIMカードは何度か再起動しないとネットワークに接続できないことがある。)