ドコモのGalaxy S9+にソフトウェア更新、セキュリティ改善など

スポンサーリンク

ドコモは、Galaxy S9+ SC-03K向けにソフトウェア更新を提供開始。2018年9月3日付けで公開されたソフトウェア更新では、セキュリティ更新、不具合の修正、パフォーマンス改善などが含まれている。

ドコモのお知らせは以下にて。

Galaxy S9+ SC-03Kの製品アップデート情報 | お客様サポート | NTTドコモ

改善される事象

まれに壁紙が正常に反映されない場合があります。
セキュリティ更新(設定メニューのセキュリティパッチレベルが2018年8月になります。)

■ドコモのGalaxy S9+にソフトウェア更新
ドコモのGalaxy S9+にソフトウェア更新

さっそくソフトウェア更新を適用してみたけれど、個人的に困っている「Wi-Fiテザリング中にモバイルデータ通信の速度が低速化することがある」不具合(?)については改善がされていなかった。

先月から、ドコモの大容量パック「シェアパック50」を契約して、Galaxy S9+ SC-03Kはメインのスマホ兼モバイルWi-Fiルーター代わりに使用中。Galaxy S9+のWi-Fiテザリングを有効にしていると、モバイルデータ通信の速度が異常に遅くなることがあり、この現象が発生すると、モバイルデータ通信をON/OFF切替する必要があるので、若干ながら手間がかかるのをどうにかして欲しいなと。
※見かけ上、モバイルデータ通信が正常に繋がっているように見えるけど、データ通信が行えなかったり、異常に遅くなったりすることがある。

Galaxy S9+のドコモオンラインショップでの販売ページは以下にて。
Galaxy S9+ SC-03K – ドコモオンラインショップ