関西・中国・四国地方など対象の「13府県ふっこう周遊割」、2019年1月31日まで期間延長

スポンサーリンク

「平成30年7月豪雨観光支援事業費補助金」の対象エリアとなる、岐阜県、京都府(京都市を除く)、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県への旅行・ボランティア参加時の宿泊が助成される「13府県ふっこう割」は、助成の対象となる期間を2018年11月末→2019年1月末までに延長。

期間が2019年1月末まで延長されたことで、対象条件(エリアや宿泊日数)を満たせば、年末年始の帰省タイミングでホテルを利用する場合などにもふっこう割が使えるように。

【公式】13府県ふっこう周遊割お知らせサイト
【公式】13府県ふっこう周遊割お知らせサイト

「13府県ふっこう割」は、対象エリアとなる2府県以上をまたぐ、または対象エリアの同一府県で合計2泊以上の連続した宿泊に対して、最大で1泊あたり6,000円の支援金が交付される。

旅行者向けの「13府県ふっこう割」は、旅行会社を通じて対象の旅行商品を購入するほか、支援対象となる13府県の宿泊施設に宿泊後、旅行者(宿泊者)自身による申請手続きを行うことで支援が適用される。

この場合、宿泊施設側に「宿泊証明書」を記入してもらった上で、各府県の事務局宛に郵送する必要があるので、手続を忘れることがないようにご注意を。

西日本13府県「ふっこう割」概要

■旅行期間
同一県の旅行:2018年10月1日〜2019年1月31日宿泊分
2府県以上の周遊旅行:2018年8月31日〜2019年1月31日宿泊分

■支援金額

対象県 助成金 予算
岡山県 6,000円/1泊 6億4000万円
広島県 6,000円/1泊 不明
愛媛県 6,000円/1泊 不明
岐阜県 4000円/1泊 不明
京都府 4,000円/1泊 9,700万円
兵庫県 4,000円/1泊 不明
鳥取県 4,000円/1泊 1億9000万円
島根県 4,000円/1泊 1億6000万円
徳島県 4,000円/1泊 不明
香川県 4,000円/1泊 不明
高知県 4,000円/1泊 1億7000万円
山口県 4,000円/1泊 7600万円
福岡県 4,000円/1泊 1億30000万円

※支援金は宿泊料金の額を上限、各府県につき最大5泊。

■支援上限
各府県につき最大5泊
→各府県の予算が終了次第、終了となる(先着順)

西日本を対象とする「ふっこう割」は、異なる府県を跨いで2泊以上する必要があった条件が緩和されたほか、期間も延長になるなど、当初想定していた通りに予算が消化していない模様。

2018年10月23日時点での残り予算は、愛媛県が20%未満、広島県が40%未満となっている反面、その他の11府県では予算が40%以上残っている。
※ただし、予算がつき次第終了となるのでお早めに。

■13府県ふっこう周遊割の残り予算(10月23日現在)
【公式】13府県ふっこう周遊割お知らせサイト