最大1泊6,000円割引・西日本「13府県ふっこう周遊割」、旅行会社では引き続き販売も

スポンサーリンク

2018年7月に発生した西日本豪雨の復興支援を目的に、13府県(京都府、兵庫県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県)に連続2泊以上すると、1人1泊あたり最大6,000円が還元される「13府県ふっこう周遊割」を今から予約する方法について。

【公式】13府県ふっこう周遊割お知らせサイト

個人からの申請:京都府以外ほぼ終了

「13府県ふっこう周遊割」の適用方法は大きく分けて2つ、旅行会社や宿泊施設が提供する「13府県ふっこう周遊割」が適用されるツアー・宿泊商品などを予約するパターンと、旅行会社などを通さずに個人が直接「13府県ふっこう周遊割」を手続して申請する方式がある。

後者の「個人が直接申請」する方式では、対象条件を満たす宿泊施設に宿泊後、各種申請書類および証明書を添えた上で、ふっこう割の事務局に郵送する必要があり、手続にはそれなりに手間がかかるためか、13府県ふっこう周遊割の個人申請は、開始からしばらくの間はあまり盛り上がっていなかったように思う。

■13府県ふっこう周遊割(宿泊証明書)

その後、「異なる府県をまたいで2泊以上」というルールが「同一府県で連続2泊以上ok」に緩和されたほか、宿泊期限が2018年11月末→2019年1月末までに延長されるなど、適用ルールが緩和されたことで、利用者が増加した。

2018年12月28日の時点で、個人からの申請を受付している府県は京都府・岡山県・徳島県の3府県のみで、このうち岡山県については間もなく終了(20%未満)、徳島県についても残り予算は40%未満、余裕があるのは京都府のみ。
→しかしながら、京都府に関しては京都市以外の宿泊施設が対象となっているため、1月末まで予算は残ると予想。

■ふっこう周遊割 残予算状況
ふっこう周遊割 残予算状況
掲載元:【公式】13府県ふっこう周遊割お知らせサイト

ふっこう周遊割の公式Webサイトに掲載されている通り、個人からの申請受付分については「ほぼ終了」と言える状況となっているものの、実際には旅行会社が販売する旅行商品や、指定宿泊事業者が企画する宿泊プランに関しては、ふっこう周遊割を適用して宿泊予約が行えるケース残っている。

※△及び×の場合は各府県ページをご確認ください。(府県によっては、×であっても「旅行会社が企画する旅行商品」や「指定宿泊事業者が企画する宿泊プラン」に申込することができる場合があります。)

旅行会社の予約はまだ間に合うケースも

「13府県ふっこう周遊割」が適用できる旅行(ツアーやホテル予約)を旅行会社で予約する場合、宿泊を希望する府県で13府県ふっこう周遊割の割引が残っているかどうかを、Webサイトで確認することが基本的にできない。
※一部の府県の商品はWebサイト上で確認ができる。

このため、店舗に来店して確認する手間はあるものの、個人向けの「13府県ふっこう周遊割」の予算が終了した府県でも、引き続き割引を適用して予約できるケースもある。

■旅行会社(街のお店)は引き続き「13府県ふっこう周遊割」が予約可能なケースも
旅行会社(街のお店)では在庫があるケースも

実際に、2018年末に訪れたJTBのお店では、個人向けの13府県ふっこう周遊割の受付を11月末には終了していた福岡県のホテル予約で、13府県ふっこう周遊割を適用した予約ができた。

また、対象エリアの宿泊施設(指定宿泊施設)が独自に「13府県ふっこう周遊割」の割引を提供しているケースもあり、これらの宿泊施設に宿泊する場合は、引き続き「13府県ふっこう周遊割」が適用できる可能性がある。
→ただし、13府県ふっこう周遊割の公式サイトでは、対象となる宿泊施設の名前・住所・電話番号のみが掲載されており、対象プランなどなどの詳細が公開されていないのが悩ましいところ。

■13府県ふっこう周遊割」取扱い旅行会社の一覧および対象施設の一覧

対象県 助成金 取扱旅行会社 指定宿泊施設
岡山県 6,000円/1泊 PDF PDF
広島県 6,000円/1泊 外部サイト 予算終了
愛媛県 6,000円/1泊 外部サイト 不明
岐阜県 4000円/1泊 不明 不明
京都府 4,000円/1泊 不明 PDF
兵庫県 4,000円/1泊 不明 予算終了
鳥取県 4,000円/1泊 PDF PDF
島根県 4,000円/1泊 不明 PDF
徳島県 4,000円/1泊 不明 PDF
香川県 4,000円/1泊 不明 PDF
高知県 4,000円/1泊 不明 西部(PDF) 中部(PDF) 東部(PDF)
山口県 4,000円/1泊 不明 不明
福岡県 4,000円/1泊 PDF 予算終了

※2019年1月2日(水)06:30時点の情報。
※「不明」となっている内容は過去に掲載されていた可能性もある。

そんなわけで、個人向けの申請受付がほぼ終了しており、なおかつ対象となる宿泊期限(2019年1月末)も迫っているタイミングではあるけれど、対象となる13府県への旅行を考えている方は、いまいちど「13府県ふっこう周遊割」が適用できないか、旅行会社や対象施設の情報を確認してみることをオススメ。

【公式】13府県ふっこう周遊割お知らせサイト