仙台コミュニティサイクル「DATE BIKE」が24時間営業、12月からトライアルで

スポンサーリンク

仙台市コミュニティサイクル「DATE BIKE」は、2018年12月1日(土)7時から2019年3月31日までの間、サービスの提供時間を(一部ポートを除いて)現在の07:00-22:00→24時間へと拡大する。

■仙台市内の「DATE BIKE」
仙台市内の「DATE BIKE」

提供時間の延長はトライアルの位置づけで、2019年4月1日以降の継続は現時点では不明。

DATE BIKEのお知らせは以下にて。

お知らせ詳細 | 仙台コミュニティサイクル DATE BIKE

いつも仙台コミュニティサイクル DATE BIKEをご利用いただき、ありがとうござい
この度、2018年12月1日(土)7時より、2019年3月31日までの期間、トライアルとして、24時間営業を実施させていただきます。(一部、24時間利用対象外のポートもございます。)

DATE BIKEは、市内のポート数および利用回数が拡大している一方、事業を開始してから一度も黒字化しておらず、2018年10月1日からは料金を改定し値上げするなど、収益改善に取り組んでいる。

<ダテバイク5年>昼間利用減で採算苦戦 目標は終日フル回転 | 河北新報オンラインニュース

ただ、事業収支は一度も黒字化していない。朝夕の通勤通学に利用が集中し、昼間に使われないためだ。同社の田保祐一郎第2事業運営部長は「自転車がポートに止まったままでは利益が出ない。回転率を上げる必要がある」と強調する。

DATE BIKEの公式サイトは以下にて。
仙台コミュニティサイクル DATE BIKE[ダテバイク]