ビックカメラグループ、12月4日から全店で「PayPay」対応。キャンペーンで20%+ビックポイント8%還元

スポンサーリンク

ビックカメラグループは、ビックカメラ、コジマ、ソフマップの全215店舗で、12月4日(火)よりスマートフォン向け決済サービス「PayPay」に対応することを発表。

同日より開始される、PayPayの「100億円あげちゃうキャンペーン」の特典である、買物金額の20%を還元、さらに40回に1回(最高10回に1回)の確率で支払金額の全額が還元されるキャンペーンが、ビックカメラグループの店頭での買物でも適用可能となる。

ビックカメラグループの店頭でPayPay支払した際のビックカメラグループのポイントプログラム「ビックポイント」は8%。PayPayのキャンペーンと合わせると、合計の還元率は28%(PayPay 20%+ビックポイント8%)に。

ビックカメラのWebサイトでのキャンペーンページは以下にて。

PayPay 100億円あげちゃう キャンペーン | ビックカメラ
PayPay 100億円あげちゃう キャンペーン | ビックカメラ

『100億円あげちゃうキャンペーン』は、2018年12月4日(火) 9時から開始を予定しています。

なお、PayPayに関連して「登録後1週間は2万円しか支払えない」とする情報が出回ったものの、PayPay広報によるとそんな仕様は無い。とのこと。詳細はITmediaに記事が掲載されている。

PayPay、登録後1週間は「2万円までしか払えない」? 不明情報出回る、広報の回答は – ITmedia NEWS

「事実ではない」
「2万円の支払い上限があるという情報は、事実ではありません」(PayPay広報)とウワサを一蹴。

ビックカメラの公式オンラインストア「ビックカメラ.com」は以下にて。
ビックカメラ.com