UQ、据置型「WiMAX HOME 01」を12月7日発売、WiMAXハイパワーとワイドレンジアンテナ採用

スポンサーリンク

UQコミュニケーションズは、WiMAX 2+に対応する据置型のWi-Fiルーター「WiMAX HOME 01」(NECプラットフォームズ製)を2018年12月7日(金)に発売する。

UQコミュニケーションズの公式オンラインストア「UQ WiMAXオンラインショップ」での販売価格は税別4,800円(二年/三年/四年プラン契約時)。

■WiMAX HOME 01
WiMAX HOME 01

NECプラットフォームズがWiMAX 2+向けに据置型ルーターを発売するのは初めて。

「WiMAX HOME 01」はスペック上の通信速度はWiMAX 2+で下り最大440Mbps/上り最大30Mbpsで従来機種と同等。
※au 4G LTEでは一部エリアで上り最大75Mbpsに対応している。ただし、ハイスピードプラスエリアモードは月間7GBを超えると当月末まで128kkbpsに制限される。

「WiMAX HOME 01」の新機能として、基盤上のアンテナに近接する筐体内部のアンテナを非接触結合することで3直交アンテナとなる「ワイドレンジアンテナ構成」をを採用し、WiMAX 2+の電波を逃さずにキャッチできるとしている。
→「ワイドレンジアンテナ構成」は、WiMAX 2+、Wi-Fi(2.4GHz/5GHz帯)で有効。

■ワイドレンジアンテナ(WiMAX HOME 01)
ワイドレンジアンテナ(WiMAX HOME 01)
ワイドレンジアンテナ(WiMAX HOME 01)

また、WiMAX 2+の電波が弱いシチュエーションで端末側の送信出力を上げる「WiMAXハイパワー」に対応しており、電波が弱い環境でも従来機種より高速な通信が期待できる。
→WiMAXハイパワーは、同じくNECプラットフォームズ製のWX05でも採用。弱電界エリアでの(主に上り)通信速度の改善が確認できている。

このほか、モバイル向けの「Speed Wi-Fi NEXT WX03」などが対応する「電波インジケータ」にも対応。スマートフォン向けの専用アプリを使いながら、ルーター(HOME 01)の最適な設置場所を探すことができる。WiMAX 2+対応ルーターを窓際に設置する際、設置場所によって通信品質が大きく変わることがあるので、同機種を固定回線代わりに使う方には役立つ機能と思う。

公式オンラインストア「UQ WiMAXオンラインショップ」は以下にて。