ドコモ・バイクシェアが「川崎バイクシェア」提供開始、大田区や横浜市との相互乗り入れ不可

スポンサーリンク

ドコモ・バイクシェアは、神奈川県川崎市にて「川崎バイクシェア」を2018年12月10日(月)から提供開始。

川崎バイクシェアのサービス紹介は以下にて。

川崎バイクシェア|自転車シェアリング(シェアサイクル)
「川崎バイクシェア」がスタート

利用料金は1回会員が最初の30分間162円、以降は30分毎に108円。月額会員の会費は2,160円で1回30分まで無料、以降は1回会員と同様に30分毎に108円の料金が発生する。なお、1日パスも販売予定とのこと。

12月13日(木)時点でポート数は6カ所。NTTドコモ川崎ビルや、川崎市内のローソンにポートが設置されている。自転車台数は50台。

ドコモ・バイクシェアは、川崎市に隣接する東京都大田区ならびに、神奈川県横浜市にて既にシェアバイクサービスを提供しているものの、川崎バイクシェアと大田区・横浜市のサービスは相互連携しない。

また、既に両エリアにてバイクシェアサービスを利用している場合でも、川崎市でサービスを利用するにあたっては、新たに会員登録が必要となる。