ドコモ「パケットパック海外オプション」の1時間プランや複数日割引を正式プランに格上げ、対象エリアも拡大

スポンサーリンク

ドコモは、海外渡航時のデータ通信料が利用開始から24時間980円の定額制となる「パケットパック海外オプション」で、一部エリアを対象にキャンペーン提供中の1時間/3日/5日/7日などのプランを「パケットパック海外オプション 国・地域限定プラン」として、2019年2月1日より正式提供する。

正式提供にあたり、対象となるエリアが15エリアから62エリアへと大幅に拡大するほか、1時間プランの料金が300円→200円へと値下げされる。

ドコモのお知らせは以下にて。

報道発表資料 : (お知らせ)「パケットパック海外オプション」の国・地域限定プランを正式提供開始 | お知らせ | NTTドコモ

2019年2月1日(金曜)以降は、本料金プランの対象国・地域をキャンペーン中の15から62に拡大し、欧州ではドイツ・フランス・イタリア・スペインなど、アジアでは台湾・シンガポールなどを追加いたします。また、短時間や緊急時により手軽に使いたいというご利用ニーズにお応えし、1時間プランの料金を300円から200円に値下げいたします。

■パケットパック海外オプション 国・地域限定プラン対象エリア
[北米]
アメリカ本土・アラスカ・ハワイ・グアム・サイパン・カナダ

[アジア]
韓国、中国、香港、インドネシア、タイ、マカオ、台湾、インド、カンボジア、シンガポール、フィリピン、ブルネイ、ベトナム、マレーシア、ミャンマー、ラオス

[オセアニア]
オーストラリア、ニュージーランド

[ヨーロッパ]
イギリス、アイルランド、アゾレス諸島、アンドラ、イタリア、エストニア、オーストリア、オランダ、カナリア諸島、サンマリノ、スイス、スウェーデン、スペイン、スペイン領北アフリカ、スロバキア、チェコ、デンマーク、ドイツ、ノルウェー、バチカン、ハンガリー、フィンランド、フランス、ベルギー、ポーランド、ポルトガル、マディラ諸島、モナコ、ラトビア、リトアニア、リヒテンシュタイン、ルーマニア、ルクセンブルグ、ロシア

[中南米]
プエルトリコ、米領バージン諸島、ペルー

[アフリカ]
エジプト
※太字が2019年2月1日からの追加エリア

地域別にみると、アジア、ヨーロッパでエリアが大幅に拡大するので、これらの地域で「パケットパック海外オプション」を短時間(1時間)または複数日(最長7日)使う方には便利。

一例として、利用開始から7日間(168時間)使えるプランでは、1日あたりの料金が約750円となり、ヨーロッパ行きの際にモバイルWi-Fiルーターをレンタルするのと比べて割安または、料金がほぼ変わらないケースも。

「パケットパック海外オプション」は普段国内で使っているドコモのスマートフォンをそのまま使うことができるため、海外旅行時にモバイルWi-Fiルーターをレンタルするのと比べて手軽。

また、テザリングに関しても追加料金なしで利用できるため、複数人の旅行で1人だけ「パケットパック海外オプション」を申込して使うことも可能。

■パケットパック海外オプション

利用期間 料金 割引額 1日あたり料金
1時間 200円
3日間 2,480円 ▲460円 826円
5日間 3,980円 ▲920円 796円
7日間 5,280円 ▲1,580円 754円

※料金は免税。

「パケットパック海外オプション」を中国で使った際のエントリは以下にて。
24時間/980円、ドコモの「パケットパック海外オプション」が中国出張で便利だった話

パケットパック海外オプションのサービス紹介は以下にて。
パケットパック海外オプション | サービス・機能 | NTTドコモ