【ドコモ】音声プランからiPadに機種変更するために30分間だけデータプランに変更

スポンサーリンク

ドコモの音声プランを契約中の回線でiPad 9.7(第6世代/2018年モデル)を購入するために、一時的に(約30分間ほど)料金プランをデータプランに変更し、ドコモオンラインショップでiPadを購入、その後すぐに音声プランに戻すという手続を行ってみた。

ドコモの公式オンラインストア「ドコモオンラインショップ」では、音声通話プランのままタブレットに機種変更することができない。(リアル店舗では受付可能な店舗もある)

■音声プランのままではタブレット購入不可(エラーが出る)
音声プランのままではタブレット購入不可

このため、音声プランを契約中の回線でiPadを購入するためには、いちどデータプランに変更して機種変更のうえ再度音声プランに変更を行う必要がある。料金プランの変更に係る手数料は無料。

当初はドコモショップにてプラン変更の手続を行おうとしたところ、なぜか店頭ではプラン変更ができなかったので、ドコモインフォメーションセンター(ドコモの電話から151 / または他社回線から 0120-800-000)に電話して手続を行うことに。

音声プランを契約中の回線でドコモオンラインショップにてiPadに機種変更する際のフローは以下。

(1)ドコモインフォメーションセンターで音声プランをデータプランに変更
(2)データプランになった状態でドコモオンラインショップでiPadへ機種変更
(3)機種変更完了後、データプランを音声プランに再変更する

注意点として、(2)でiPadを購入する際に端末購入サポートを購入する場合は、(3)で音声プランにプラン変更する際の対象プランとして、カケ・ホーダイライトプランまたはカケホーダイプランへの変更が必要になる点。
→シンプルプランへの変更は、端末購入サポートの解除料が発生するため。

また、ドコモインフォメーションセンターで手続を行う場合、データプランを音声プランに変更する際に、もともと契約している音声回線以外に、音声通話が行える回線を何らか用意する必要がある。(データプランに変更した回線は音声通話が行えなくなるため。)

ドコモの料金プランは、1回あたり5分間の通話が定額料金に含まれる「カケホーダイライト」と、音声通話に非対応の「データプラン(スマホ/タブ)」の月額料金が同額(各種割引適用後1,700円/月)となっているため、音声通話に利用する機会があれば、前者を契約していた方がコストパフォーマンスは良い。

■データプラン(スマホ/タブ)は月額1,700円から(各種割引適用後)
データプラン(スマホ/タブ)は月額1,700円から(各種割引適用後)

ドコモオンラインショップは以下にて。