ドコモ新プラン「ギガホ」、30GB未満でも通信量の翌月繰り越しなし

スポンサーリンク

ドコモの新料金プラン「ギガホ」は、月間のデータ通信量が30GB未満だった場合でも、余ったデータ通信量を翌月以降に繰り越して使うことができない。

よって、例えば2019年6月に「ギガホ」を契約し、当月のデータ通信量が20GBだったとしても、余った10GBを翌月に繰り越して7月はデータ通信量40GB(30GB+10GB)で使う…という使い方はできない。

ドコモのパケット繰り越しは、2018年5月に提供開始された「ベーシックパック/ベーシックシェアパック」も非対応。月によってデータ通信量が変動する場合はご注意を。

■ドコモ:パケットくりこし
ドコモ:パケットくりこし

ドコモは、2019年6月1日から「ギガホ」「ギガライト」を軸にした新料金プランを開始し、現在のシェアパックなどの新規契約は5月末で受付終了する予定。ただし、2019年6月以降もシェアパックの継続利用は可能。

ドコモの新料金プラン「ギガホ」と「ギガライト」発表、シェアパック・docomo with・月々サポート・端末購入サポートは新規受付終了へ