丸亀製麺、初のQR決済「PayPay」導入

スポンサーリンク

スマートフォン向け決済サービス「PayPay」は、2019年4月19日(金)より全国の一部店舗でPayPay支払いを導入する。2019年3月末時点で丸亀製麺の店舗数は全国で約800店舗、そのうち101店舗がPayPayに対応する。

(プレスリリース)スマホ決済サービス「PayPay」、4月19日(金)から全国101店舗の「丸亀製麺」で利用可能に – PayPayからのお知らせ

2019年4月19日(金)から、全国101店舗の「丸亀製麺」で、「PayPay」がご利用いただけるようになります。
なお、「丸亀製麺」における国内QRコード決済サービスの導入は、「PayPay」が初めてです。

丸亀製麺での決済方法は、PayPayアプリ上に表示させたバーコードを、店舗レジ側で読み取りする「ストアスキャン」方式。ユーザー側が決済金額を入力する必要が無く手軽。

■サービス利用開始日
2019年4月19日

■利用可能店舗数
全国101店舗

■丸亀製麺でPayPay導入

PayPayは、2019年2月から「第2弾100億円キャンペーン」を実施中。丸亀製麺での利用分についても、1回あたり最大1,000円が還元される。

PayPay「第2弾100億円キャンペーン」は1回あたり還元を1,000円に制限

丸亀製麺×dポイント導入は進まず

丸亀製麺は、2017年春にドコモの「dポイント」を一部店舗で実験的に導入したものの、その後dポイント対応店舗は拡大していない。(大阪府内の店舗でのdポイント連携も終了している可能性あり。)

丸亀製麺のdポイント対応は大阪限定、ポイント加算・ポイント利用時のフローに注意

PayPayのダウンロードは以下にて。
PayPay(Google Play)

PayPay(App Store)