月サポ・端サポ・docomo withの新規受付が間もなく終了

スポンサーリンク

ドコモは、2019年6月1日より「ギガホ」「ギガライト」を軸にした分離プランを新料金プランとして提供開始する。

これに伴い、現行料金プラン(カケホーダイ&パケあえる)にて提供中の「月々サポート」「端末購入サポート」「docomo with」の新規受付が2019年5月31日で終了する。

■月々サポート、端末購入サポート、docomo withの新規受付が間もなく終了
月々サポート、端末購入サポート、docomo withの新規受付が間もなく終了

月々サポート、端末購入サポート、docomo withの新規受付終了後も、既に適用中の割引については6月以降も継続して適用される。

ただし、月々サポートは端末購入から24カ月間、端末購入サポートの縛りは約13カ月に設定されており、基本的には「現在適用中の割引はいずれ終了する」というのが大きな流れ。

反対に、docomo withについては2019年6月1日以降も「ギガホ」「ギガライト」に変更しない場合は従来通り割引が永年継続される。

現行プランにおける割引を整理すると以下の通り。

■月々サポート/端末購入サポート/docomo withの整理

割引種別 割引内容 割引適用期間
月々サポート 月額料金を割引 24カ月
端末購入サポート 本体代金を一括割引 13カ月
docomo with 月額料金を割引(1,620円) 無期限

※端末購入サポートの割引は本体代に一括して適用されるものの、便宜上「規定利用期間」を割引期間と見なして記載。

ドコモの新料金プラン「ギガホ」「ギガライト」は、端末代金に対する購入補助が適用されない代わりに、月額料金自体は現行プランと比べて割安に設定されている。

ただし、実際に月額料金が割安になるか?は、利用者の使い方や、「シェアパック」に含まれる契約回線の数および使い方によって左右されるので、全てのドコモユーザーにとって「新料金プランがお得」とは言い切れない。

ドコモでは、実際に利用したデータ通信量や契約内容を参照して、新料金プランへ移行した方が割安か、現行プランを継続した方が割安かを教えてくれる「しっかり料金シミュレーション」を5月22日より提供しているので、新料金プランへの移行タイミングを検討中の方はご活用を。

「しっかり料金シミュレーション」は以下にて。
しっかり料金シミュレーション | 料金・割引 | NTTドコモ
※要:dアカウントログイン

新料金プラン「ギガホ」「ギガライト」がお得にならないケースでは、5月末までに月々サポート、端末購入サポート、docomo withのいずれかの割引を適用して機種変更しておくのもオススメ。

ドコモの公式オンラインストア「ドコモオンラインショップ」では、全機種で頭金が無料かつ、全契約種別(MNP/新規/機種変更)で事務手数料が無料になるため、店頭で特別な割引が行われない限りは、ドコモオンラインショップでの購入が割安になる。

ドコモオンラインショップは以下にて。
ドコモオンラインショップ