Apple、watchOS 5.3でApple Watchの「トランシーバー」を復活

スポンサーリンク

Appleは、Apple Watch向けにwatch OS 5.3を配信開始。

watch OS 5.3の更新により、少し前に脆弱性が見つかったことから機能を停止していたトランシーバーアプリが利用できるようになる。

ITmediaでの紹介記事は以下にて。

Apple、「iOS 12.4」と「watchOS 5.3」 配信開始 「Home Pod」日本語対応やトランシーバー復活 – ITmedia Mobile

Apple Watchのトランシーバー機能の再有効化
 Apple Watchのトランシーバー機能は今月、脆弱性が見つかって機能が停止されていた。今回のアップデートでこの脆弱性が修正され、トランシーバー機能が有効になった。

個人的には、少し前からAndroidのお供にApple Watchを使い始めて、同じくApple Watchを使う家族とのやりとりにトランシーバー機能を使って便利だったので、OS更新で脆弱性が修正され、機能再開したのは嬉しいところ。

iPhoneなし、Apple WatchをAndroidのお供に1カ月使ってみた