KDDI、北米・ハワイ・台湾・韓国・香港他の国際ローミングを何度でも無料に、9月末までキャンペーン

スポンサーリンク

KDDIは、海外渡航時のデータ通信料金が24時間/980円で使えるローミングサービス「世界データ定額」の利用料金が無料になるキャンペーンを、北米・ハワイ・台湾・香港など一部国と地域を対象に実施する。

キャンペーン期間は2019年8月1日 – 9月30日まで。キャンペーンは事前エントリーなどなど不要。

KDDIのキャンペーン紹介は以下にて。

世界データ定額「ナツ旅・無料キャンペーン」を実施~8月1日より、夏の人気旅行先、アメリカ・ハワイ・台湾・韓国・香港・マカオ・シンガポールで開始~ | スマートフォン・携帯電話 | au
世界データ定額「ナツ旅・無料キャンペーン」を実施~8月1日より、夏の人気旅行先、アメリカ・ハワイ・台湾・韓国・香港・マカオ・シンガポールで開始~ | スマートフォン・携帯電話 | au

キャンペーン期間中、アメリカ(本土)、ハワイ、台湾、韓国、香港などでご利用の「世界データ定額」の利用料金(通常980円/24時間)が何回使ってもすべて無料に!

世界データ定額「ナツ旅・無料キャンペーン」概要

■キャンペーン期間
2019年8月1日 – 9月30日 23:59
※日本時間で記載

■対象サービス
世界データ定額
※通常は24時間980円

■対象エリア
アメリカ(本土)、アメリカ(アラスカ)、ハワイ、台湾、韓国、香港、マカオ、シンガポール、プエルトリコ、米領バージン諸島

auの「世界データ定額」は、海外でのデータ通信料金が申込から24時間、980円で使えるサービス。データ通信量は国内で契約するパケット通信量を消費するため、通常時の料金に加えて+980円を支払いすれば、海外でも普段通りにスマートフォンを使うことができる。

注意点として、キャンペーン対象のエリアで「世界データ定額」を利用開始した後、キャンペーン対象外のエリアへ移動すると、世界データ定額の提供が一旦中断し、キャンペーン対象外のエリアに移動後に通常料金(980円/24時間)で申込する必要がある。

KDDIのWebサイトでは、一例として香港で「世界データ定額」を利用開始した後、深圳(中国)に移動するようなケースを紹介している。

対象の国・地域で利用開始をした後、24時間以内に本キャンペーン対象外の世界データ定額対象の国・地域へ移動された場合、再度利用開始をする必要があります。その場合、世界データ定額の利用料 980円/24時間がかかり、au STAR会員の場合は、au STAR特典(毎月1回分24時間が自動で無料)が別途適用されます。
例)香港(キャンペーン対象:0円)⇒中国・シンセン(キャンペーン対象外:980円/24時間、au STAR会員なら毎月1回無料)

類似のキャンペーンとして、ドコモは「パケットパック海外オプション」を初めて利用するユーザーを対象に、同サービスへの無料申込で300ポイント、海外でサービスを実際に利用すると980ポイント(合計1,280ポイント)をプレゼントするキャンペーンを開催中。
関連エントリ:【ドコモ】パケットパック海外オプション無料登録で300ポイント、サービス利用でさらに980ポイントプレゼント