ドコモ「FOMA」と「iモード」を2026年3月末に提供終了

スポンサーリンク

ドコモは、3G携帯電話サービス「FOMA」および「iモード」サービスを2026年3月末に提供終了することを発表。2026年4月以降は、全ての機種でFOMAおよびiモードサービスが継続利用できなくなる。

FOMAは2001年10月に開始し、2011年には5,700万契約を突破していた。iモードは1999年2月にサービスを開始、2010年7月には4900万契約を突破した。

ドコモのお知らせは以下にて。

報道発表資料 : 「FOMA」および「iモード」のサービス終了について | お知らせ | NTTドコモ

株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、第3世代移動通信方式の「FOMA®」および携帯電話からインターネットやメールを利用できるサービス「iモード®」を、2026年3月31日(火曜)に終了いたします。

サービスの終了に先立ち、FOMAの音声プランおよびiモードの新規契約受付は2019年9月30日に終了している。iモード関連サービスの「iチャネル」や「iコンシェル」などの各サービスの終了時期については、改めてアナウンスが行われる予定。